ペット

ペットをお預けになるお客様へのご案内です。

大切なお知らせ

AIRDOでは、ご家族の一員である大切なペットのお預かりに際し、快適に過ごせるよう十分配慮いたしますが、日常生活とは異なる輸送環境は、ペットの健康状態に様々な影響を与え、衰弱・死傷することがあります。以下の注意事項を必ずご確認いただき、十分にご検討ください。

なお、運送中にペットが死傷した場合、その原因が、ペット自身の健康状態や体質等(気圧・温度・湿度・騒音による影響を含む)、ペット自身の固有の性質にある場合、梱包の不備等にある場合は免責とさせていただきます。

お預かりできるペット

お預かりできるペットは、犬、猫、小鳥、小動物(リス、ハムスターなど)などです。
* 猛禽類(ワシ、タカ、フクロウなど)はお預かりできません。

※ 獣医にご相談の上、ペットにあったワクチンの接種を受けていただきますようお願いいたします。
犬の場合は狂犬病予防法で定められたワクチン接種を1年以内にお受けください。
※ 貨物室の大きさには限りがあります。他の手荷物などの搭載状況によって、ペットをお預かりできない場合は、ご利用便の変更をお願いすることがあります。
※ 大ペットケージの大きさにより航空機にお乗せできない場合もありますので、事前にお問い合わせください。

ペットの健康状態

【以下の健康状態にあるペットはお預かりすることができません】

  • 航空機の利用に適した健康状態ではない
  • 妊娠している
  • 若齢(生後4ヵ月未満)である
  • 心臓疾患、呼吸器疾患がある

【下記のいずれかに該当する場合、事前に獣医師にご相談されることを強くおすすめいたします】

  • 長時間、飼い主と離れることに慣れていない
  • 長時間、ペットケージに入ることに慣れていない
  • 短頭犬種である※
  • 持病がある

※毎年5月1日~10月31日の夏季期間は、他の犬種と比較して高温に弱く、熱中症や呼吸困難を引き起こす恐れのある「短頭犬種」のお預かりを中止させていただいております。対象犬種はこちらをご覧ください

ペットの輸送環境

お預かりしたペットは、航空機の貨物室(バルクカーゴルーム)に慎重にお乗せいたします。室内環境は以下のとおりです。

【温度・湿度】
空調機にて温度や湿度を管理しておりますが、外気温などの影響により客室とは環境が異なる場合があります。特に夏場は気温や反射熱の影響を受けて高温になることも考えられます。また、航空機への移動、乗り降りは屋外となるため、夏場や冬場は温度・湿度に大きな変化が生じる場合があります。

【照明】
飛行中は照明が消え、暗室となります。

【音】
離陸・着陸時や飛行中は、機械操作音や風切り音がします。また、航空機への乗り降りの際には、航空機や地上車両の音が聞こえます。

ご旅行前の準備

ペットの不安やストレスを最小限に抑えるため、事前のご準備をお願いします。

【給水器(ノズル式)の設置】
ペットの熱中症や脱水症状を予防するため、また興奮状態を落ち着かせるためにも、給水器(ノズル式)の取り付けが必要です。
※ 給水器は水漏れのないようしっかりフタを締め、ケージに固定してください。
※ お預けいただける給水器はノズル式のものに限ります。受け皿タイプの給水器は、水がこぼれる恐れがあるためお預かりできません。

【暑さ・寒さ対策】

  • 夏場はクールマットや保冷剤などの冷却グッズ、冬場は毛布やペット用カイロをご用意ください。
  • 室内で飼育されている犬や猫などはアンダーコート(下毛)が多いケースもありますので、夏季期間のご旅行の際には下毛のお手入れをおすすめいたします。
ご出発当日

飼い主の様子の変化をペットは不安に感じることがあります。ご旅行へご出発される際も、いつもと同じ接し方を心がけ、ペットを安心させてください。

【お食事】
満腹状態、空腹状態は飛行機酔いなど体調を崩す原因になります。食事や水分を与える際は適量を心掛けてください。またお預かりしたペットは、食事をとることができません。 あらかじめ、食事はお済ませください。

ご到着後

環境の変化により、体調を崩すことがあります。以下の症状がある場合は、獣医師の診断を受けていただくことをおすすめいたします。

下痢/嘔吐/呼吸が荒い/体が震える/食欲がない/散歩・外に出たがらない/不安な様子が取れない/いつもと様子が違う場合  など

ペット料金

ペットをお預けには、ケージご利用の有無にかかわらずペット料金が必要です。

ペット料金 ペットケージ1区間 1個あたり 6,000円(税込)

※搭乗手続き時にペットをお預けの旨をお申し出いただき、ペットお預かりカウンターにてペット料金をお支払いください。

お預かり・お引き取りの流れ

ご出発当日、空港での流れをご案内いたします。

1. 搭乗手続き

お客様ご自身の搭乗手続きを先にお済ませください(スキップサービスをご利用の場合は不要です)。
搭乗手続きについて詳しくはこちらをご覧ください。

2. ペットのお預け

ペットのお預けは手荷物カウンターにて承ります。出発時刻の30分前までにお預けください。

  • ペット料金をお支払いください。(現金・クレジットカード)
  • 同意書をご提出いただきます。事前に同意書をダウンロード後、お持ちのプリンタで印刷し、ご記入ください。

「同意書」(274K)

※通常の手続きより時間を要するため、お早めにお越しください。
※長時間の移動や環境の変化による緊張から、ペットケージ内で排泄してしまう場合があります。 事前に散歩などを済ませてから手荷物カウンターへお越しください。

3. 航空機への移動

お預かりしたペットはご搭乗時刻まで空調の効いた場所でお預かりします。その後係員が車両などで大切にお運びし、航空機内の貨物室(バルクカーゴルーム)に慎重にお乗せします。

【夏場・冬場の温度変化について】
航空機への移動、乗り降りは屋外となるため、夏場や冬場は温度・湿度に大きな変化が生じる場合があります。

【空調機にて温度・湿度を管理】
貨物室は空調機にて温度・湿度を管理しておりますが、外気温などの影響により客室とは環境が異なる場合があります。

4. 到着空港

航空機の到着後、係員が機内の貨物室よりペットを慎重にお運びし、お客様に直接お引き渡しいたします。

夏季・冬季期間のご注意

夏季は高温多湿の環境、冬季は零度を下回る場合があり、厳しい温度環境となりますので、以下に十分ご留意願います。

短頭犬種のお預かり

毎年5月1日~10月31日の夏季期間は、他の犬種と比較して高温に弱く、熱中症や呼吸困難を引き起こす恐れのある「短頭犬種」のお預かりを中止させていただいております。

【お預かりを中止している短頭犬種】
ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、ボクサー、シーズー、ボストン・テリア、ブル・テリア、キングチャールズ・スパニエル、チベタン・スパニエル、ブリュッセル・グリフォン、チャウチャウ、パグ、チン、ペキニーズ

暑さ・寒さ対策
  • 夏場はクールマットや保冷剤などの冷却グッズ、冬場は毛布やペット用カイロをご用意ください。
  • 室内で飼育されている犬や猫などはアンダーコート(下毛)が多いケースもありますので、夏季期間のご旅行の際には下毛のお手入れをおすすめいたします。
  • 夏季期間(5月1日~10月31日)は、ペットケージへの保冷剤・給水器の取り付けサービスを行っております。ご希望のお客様は空港係員にお申し付けください。

ケージの使用について

お客様のお持ちのケージが、プラスチック製などの航空機輸送に耐えられ(籐製、木製、布製など以外)、カギのかかるものであれば、そのままお預かりできます。籐製、木製、布製などのケージはそのままではお預かりできませんので、お客様のケージごと当社貸し出しケージに入れる、または、ペットを当社貸し出しケージに入れ替えをしていただき、お預かりいたします。

当社貸し出しケージ

当社貸し出しケージは事前予約ができません。当日空港係員にお知らせください。
ただしLLサイズについては数に限りがあるため、予約・案内センターへ事前にお問い合わせください。

当社貸し出しケージのサイズ(目安)は、以下の通りです。

当社貸し出しケージ(幅×奥行×高さ)※目安
Sサイズ 40cm×55cm×40cm
Mサイズ 50cm×70cm×55cm
Lサイズ 55cm×80cm×60cm
LLサイズ 65cm×95cm×70cm
お客様のケージの規格

お客様がお持ちのペットケージにてお預けになる際は、以下の規格を満たしていることをご確認ください。

  • 硬いプラスチックや金属など、強度のある素材でつくられ、頑丈で屋根がついた航空輸送に耐えうるケージであること。
  • 車輪付きの場合は、取り外しが可能なもの、もしくは車輪が固定できること。
  • 側面に換気用の窓が備わっているのなど、通気性のあること。
  • ペットがケージの中で立つ、座る、寝そべる、回転できるなど、十分に動けるスペースがあること。

夏季期間(5月1日~10月31日)は、通気性が悪くなり危険なため、ペットケージを二重にしたり、ペットケージにカバーを取り付けた状態でのお預かりはできません。(ただし小鳥、ハムスター等は除きます。)

ケージ使用時の注意事項
  • 犬・猫などはケージ1つに対して1匹ずつお預かりいたします。小鳥等はケージ1つにつき1種類2羽程度(Mサイズのケージに収容できる程度)となります。
  • ケージ内に飲み水、餌などを入れることはできません。また、お預け後は、飲み水の補給や餌を入れることはできませんので、お預け前にお客様ご自身でお済ませください。ただし、以下の条件を満たす給水器については、ケージに設置したままでお預かりすることができます。

※ケージにしっかりと固定できるもの
※揺れや振動により水漏れすることがないノズル式のもの

魚類・カメ・昆虫について

魚類(金魚程度の小さな魚)・カメ(小型で10cm程度)・昆虫(カブトムシ・クワガタムシなど)は、他のお客様のご迷惑となることがないよう小型の容器に入れてあり、逃げだしたり水漏れしたりすることがない状態を係員が確認できた場合、個体サイズによっては3匹程度まで機内にお持ち込みいただけます。

お持ち込みいただけない例

上記範囲内でも、機内にお持ち込みいただけない場合がございます。 ※以下は一例です。

  • キリギリスやスズムシなど鳴く昆虫の場合
  • 前の座席の下に収納できない状態で梱包されている場合
  • 他のお客様に不愉快を与える恐れがあると判断した場合
  • 発電装置付きポンプなどが装填されている場合(お預かりもできません)
  • 両生類(ウーパールーパーなど)、爬虫類(トカゲなど)は、機内持ち込みもお預かりもできません。

詳しくは予約・案内センターへ事前にお問い合わせください。

機内持ち込み可能な小型の容器サイズ

幅30cm×高さ22cm×奥行20cm以下のもの(目安)
※前の座席の下にご収納ください。