機内安全ビデオの刷新について
~国内航空会社初のフルCGによる安全ビデオ、10年ぶりのリニューアル~

2018年11月30日

 株式会社AIRDO(以下:エア・ドゥ)は、10年ぶりに機内安全ビデオを刷新し、就航20周年を迎える今年12月20日より上映を開始します。本ビデオは、本編部分に国内航空会社初のフルCGを採用し、親しみやすいキャラクターが登場します。「すべてのお客様に安全情報を正しくお伝えすること」を追求し制作しました。

1.「すべてのお客様に安全情報を正しくお伝えすること」を目的に、フルCGでリアリティを追求

 安全ビデオを見直すにあたり、日頃から安全業務に携わる客室乗務員が中心となり、お客様のご意見や、安全に関する社内の出前講座(※)に参加した社員の意見等を幅広く収集し、「分かり易さ」に繋がるよう全体の構成を決定しました。
 具体的には、緊急時における「酸素マスクの使用方法」、「救命胴衣の着用方法」、「緊急脱出時の脱出スライドの滑り方」において、映像での解説も加え、CGの強みを最大限活かした演出になっています。
 また、近年国内で発生した緊急脱出事象において、「手荷物は持たないこと」、「脱出後、飛行機から速やかに離れること」が課題とされていることも踏まえ、安全に脱出して頂くポイントもより分かり易く解説しています。

  • 「出前講座」とは、航空会社社員として緊急時に求められる最低限必要な知識を確認し、理解を深めることを目的とした社内講座です。2016年度よりスタートし、乗務員以外の全社員を対象に実施しています。

2.興味をもってご視聴いただくために、親しみやすいキャラクターの登場

 すべてのお客様に最後まで興味を持ってご視聴いただくために、現行の客室乗務員等が実演する安全ビデオから、親しみやすいキャラクターが登場する安全ビデオに変更します。フルCGで機内や緊急時をリアルに再現し、目を引くキャラクター達が登場します。
 上記に加えて、画面の字幕サイズを従来の1.2倍に拡大し視認性を高め、聞きやすいナレーションを採用するなど、すべてのお客様に安全情報をより正しくご理解頂ける内容となっています。

※イメージ映像です

 エア・ドゥは、お客様へ安全な空の旅を提供する為に、今後も社員一人ひとりが安全運航を最優先に、お客様への感謝の気持ちを込めて感動して頂けるような空の旅を提供してまいります。

以上

プレスリリース一覧に戻る