「(北海道の)自然を大切にする」活動

エア・ドゥ絆の森 (植樹活動)

「社会に貢献する(災害復興支援)」活動 イメージ1
「社会に貢献する(災害復興支援)」活動 イメージ2
「社会に貢献する(災害復興支援)」活動 イメージ3

2008年より北海道の豊かな環境を保全するため、北海道の『ほっかいどう企業の森林づくり』と連携し、北海道内の就航6地域(新千歳、旭川、函館、女満別、帯広、釧路)において植樹活動を行っています。また、2019年からは植樹のみならず、これまで植えてきた樹木の手入れを行いながら、継続して育てていく「育樹」(枝打ち、間伐、補植など)も実施しています。

植樹の実施内訳

対象地域 面積 本数 苗木 実施時期
千歳地区(幌加) 5.0ha 10,000本 トドマツ・カラマツ 2008年9月
旭川地区(東川町) 1.0ha 1,500本 ミズナラ・シラカバ・ヤチダモ 2008年10月
函館地区(北斗市) 0.78ha 1,950本 ブナ・ミズナラ 2008年10月
女満別地区(美幌町) 1.0ha 2,000本 カラマツ 2008年11月
帯広地区(新得町) 1.0ha 2,000本 カラマツ 2012年6月
釧路地区(弟子屈町) 3.0ha 600本 エゾヤマザクラ 2015年6月
680本 エゾヤマザクラ・ヤチダモ 2016年6月
450本 ヤチダモ 2017年6月
千歳地区(幌加) 1.0ha 3,000本 カラマツ・トドマツ 2019年10月
千歳地区(幌加) 1.0ha 2,000本 カラマツ 2020年11月

環境に配慮した取り組み

「社会に貢献する(災害復興支援)」活動 イメージ1
「社会に貢献する(災害復興支援)」活動 イメージ2
「社会に貢献する(災害復興支援)」活動 イメージ3
  • 運航面での取り組み
    航空機のエンジンは使用時間が蓄積すると、エンジン内部に微小な汚れが堆積し燃費効率が低下するため、エンジン水洗により燃焼効率を回復させ、燃料消費率の低減を図っています。また、燃料効率の良い経路や高度を選定することに加え、連続的に降下していくことにより消費燃料を少なくできることから運航の安全を前提に効率化を図り、CO2排出を削減する努力をしています。
  • 機内での取り組み
    プラスチック素材の使用量削減の一環として、機内ドリンクサービス時に使用する「マドラー」をプラスチック製から紙製のものに変更するほか、機内販売商品ご購入の際に包装袋を不要と申告されたお客様には、オリジナルのステッカーを差し上げています。お客様にAIRDOの環境配慮への取り組みにご理解・ご協力いただきながら、機内における使い捨てプラスチック使用削減を目指しています。

トピックス

トピックス一覧を見る