災害復興支援活動

AIRDOでは、被災地と北海道をつなぐ定期便の継続的な運航をはじめ、人や物資の輸送に協力するとともに、
被災地に対する寄付や被災地の活動支援を行うなど、被災地の復興に貢献するための活動を行っています。

  • 機内販売の売上の一部を東日本大震災の被災地(宮城県・福島県)へ寄付
  • 『チャイルドカップU10・U8フットサル大会』(宮城県)への支援
  • 『平成28年熊本地震』『平成28年台風9・10・11号等の大雨による被害』へ寄付
災害復興支援活動+イメージ1 災害復興支援活動 イメージ2 災害復興支援活動 イメージ3

2014年1月には、北海道と『災害時における航空機による緊急輸送業務の協力に関する協定』を締結し、これまで以上に迅速に対応できる体制を整えました。

  • 2016年8月に北海道を連続して襲った台風被害に対応し、新千歳-釧路の臨時便を運航
  • 2016年10月:北海道防災総合訓練に参加・協力
  • 2016年11月:北海道シェイクアウト訓練に参加・協力