「人を育てる」活動

航空教室

航空教室
航空教室
航空教室

2009年より北海道教育庁と協力し、子どもたちのキャリア形成教育を支援する活動として、北海道内の小・中学校の「総合的な学習の時間」において「AIRDO航空教室」を行っています。これまでに2万名を超える児童・生徒の皆さんに受講いただきました。運航乗務員、客室乗務員、航空整備士などが各学校を訪問し、飛行機が飛ぶ仕組みや機内アナウンス体験、各々の仕事に関する説明などを通じ、仕事に向き合う姿勢、やりがい、コミュニケーションの重要性などをお伝えしています。AIRDOでは、子どもたちが自分自身の将来の夢を考えるきっかけづくりになるような「航空教室」を目指してこれからも取り組んでいきます。

教育連携・協働

教育連携・協働
教育連携・協働
教育連携・協働

「北海道の将来を支える人財育成に貢献する」ことを目的とし、北海道内の高校・大学などとの教育連携や協働の取り組みを推し進めています。北海学園大学(経営学部・人文学部)との連携協定では、同学部が開講する各種講義にAIRDOから講師を派遣する一方で、社内における勉強会に先生をお招きし講義いただいており、双方向の連携を深めています。
札幌市立大学(デザイン学部)との協働ワークでは、就航20周年を記念したお客様配布用ステッカーを企画・制作した「協働デザインプロジェクト」(2018年)や「航空機のより快適でスムーズな利用のためのサービスデザイン」(2019年)など、各種取り組みを行っています。
北海道立札幌国際情報高校(吹奏楽部)との連携では、踊る吹奏楽「ダンプレ(Dance & Playing)」の共演を通じて、生徒の皆さんと交流を深めながら北海道発祥の新しい文化を発信しています。

特別協賛

特別協賛
特別協賛
特別協賛

AIRDOでは、(一般社団法人A-bank北海道 代表理事:元コンサドーレ札幌 曽田雄志氏)および(麺や虎鉄 代表取締役:土谷貴氏)が2019年11月よりスタートしたスポーツプロジェクト「明日のアスリート研究所(通称:アスアスラボ)」に特別協賛しています。「アスアスラボ」では、毎月トップアスリートを北海道に招きスポーツ教室を開催するほか、インタビューの内容を教材化し、特設サイトにアーカイブ化することで、すべての子どもたちに学びの場を提供しています。子どもたちの夢と未来を応援するこの取り組みは、AIRDOが行っている「航空教室」と想いは同じです。これからもAIRDOは「アスアスラボ」を全力で応援します!

アスアスラボ
「アスアスラボ」公式ホームページ

トピックス

NEW
2021年11月11日
2021年度「AIRDO航空教室」すべての授業が終了しました

機内アナウンス体験の様子

整備士による授業の様子

11月10日・11日、石狩管内の小中学校にて実施した授業をもちまして、2021年度「AIRDO航空教室」の全授業が終了しました。新型コロナウイルスの影響により、中止となった授業もありましたが、道内就航地を中心に15校を訪問し、1,200名を超える児童・生徒さんに受講いただきました。
なお11月10日に実施した江別市内における授業では、卒業生である当社初の女性パイロットが母校を訪問し、生徒の皆さんからのたくさんの質問に答えながら「空の仕事」の内容ややりがいについてお伝えしました。
来年度以降も、子どもたちが自分自身の将来を考えるきっかけづくりになるような「AIRDO航空教室」を目指してまいります。

トピックス一覧を見る