約10年ぶりの制服刷新!就航20周年事業(第2弾)を発表

2017年12月20日

~「願い」を叶えるキャンペーン、記念植樹、札幌市立大学との共創事業も実施します~

 株式会社AIRDO(以下:エア・ドゥ)は、来年2018年12月20日をもって、就航20周年を迎えます。
 この節目の年を迎えるにあたり、エア・ドゥではタグライン「叶える翼に。」の下、「これまでの感謝」と「新たな決意」を皆様にお伝えしたく、これから1年間にわたって様々な周年事業を展開していきます。

 今回は周年事業の第2弾として、以下4つの取り組みを発表します。

1.新制服の導入 ~ 2018年12月20日より着用開始 ~

 就航20周年を機に、客室乗務員、空港係員、運航乗務員、および整備士の制服を約10年ぶり※にリニューアルし、2018年12月20日より着用を開始します。

 全体コンセプトは『「北海道の翼」としてのオンリーワンの体現』です。各職種において方向性を定め、今後デザイン選定を進めていきます。来年の後半には、新制服のデザインをご紹介できる予定ですので、どうぞご期待ください。

※現行の制服(3代目)は2009年4月1日より着用しています。


客室乗務員の歴代制服
(中央右:初代、中央左:2代目、両端:現行)

2.叶える翼キャンペーン ~ 叶えたい願いを応援するプレゼント、差し上げます ~

 就航20周年を記念して、エア・ドゥに乗って叶えたい皆様の「願い」を募集します。叶えたい「願い」のエピソードを特設WEBサイトのキャンペーンページより投稿いただき、当社による審査の上、各賞を選出・贈呈します。

 叶える翼賞として2組の方にペア往復航空券と「願い」を叶える応援資金として賞金10万円を、また、AIRDO賞、20周年感謝賞もご用意しています。応募期間は2018年1月5日~3月31日迄です。

 なお、特設WEBサイト(https://www.airdo.jp/information/20th_anniversary/)では、当社の周年の取り組みを順次お知らせしますので、是非ご覧ください。

応募期間 2018年1月5日(金)~2018年3月31日(土)
応募方法 AIRDOを利用して叶えたい「願い」のエピソードを200文字程度で投稿してください。
投稿の際には、必要事項と希望の路線・希望時期が必要となります。
当選者は株式会社AIRDOの厳正なる審査の上、選出いたします。

特設サイトイメージ

3.記念植樹の実施 ~ 「植樹」から「育樹」へ ~

 千歳市幌加地区において、記念の植樹を実施します(来秋を予定)。同地区では2008年の就航10周年を機にAIRDOの文字が浮き出るように樹種を変え植樹を行いましたが、10年が経過し、文字の部分のトドマツは約4m、地の部分のカラマツは約8mにまで成長しました。

 常緑樹・落葉樹の違い、成長の違いに伴う高低差により、文字の判別が可能となりましたが、現状では生育不良部分が見られ、また、今後の成長には除伐や間伐が必要なことから、就航20周年、北海道命名150年を迎える記念の年に、「育樹」の観点も踏まえた「植樹」を行ってまいります。

 なお、エア・ドゥでは北海道の「ほっかいどう企業の森林づくり」と連携して、2008年から道内就航地域の皆様と植樹活動を行っています。
 これまでに、千歳、旭川、函館、女満別、帯広、釧路の各就航地域で合計11.8haの森の再生に取り組んできました。


現在の状況
(2017年10月ドローンにて撮影)

4.「叶える翼」ステッカーの制作・配布 ~ 札幌市立大学との共創事業 ~

 今般の周年事業の展開は、「叶える翼に。」というコンセプトを通して、お客様や社員のみならず、地域社会を含めたステークホルダーの方々に参画いただくためのフレームを提供していきます。

 本事業では、エア・ドゥがこれまでに運航してきた機材をモチーフに、札幌市立大学デザイン学部の皆様と当社社員が協働してステッカーのデザイン制作を行います。

 ステッカーのデザイン案の展開から決定までを協働して行うことで、学生の皆様にとっては日頃の学習の成果を、社員にとっては自社運航機材に対する想いをカタチにする機会にしていきたいと考えています。

 なお、完成したステッカーは、今後、機内での配布を予定しています。


他の連携事業における
同大学との協働ワークショップの模様

これからも様々な周年事業を予定しています。
今後の展開につきましては、詳細が決まり次第、順次ご案内をさせていただきます。

「北海道の翼」であることの責任と期待を胸に刻み、全社一丸となって皆様に快適な航空サービスを提供してまいりますので、変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

以上

プレスリリース一覧に戻る