「ほっかいどう企業の森林づくり」協定調印について
AIRDO絆の森 ~「叶える翼に。」就航20周年を迎えて~

2018年10月15日

 株式会社AIRDO(以下:エア・ドゥ)は、本年12月20日をもって就航20周年を迎えます。
 この節目の年を迎えるにあたり、エア・ドゥではタグライン「叶える翼に。」のもと、「これまでの感謝」と「これからの決意」を皆様にお伝えしたく、通年にわたって様々な周年事業を展開しています。周年事業の第5弾として、就航20周年及び北海道命名150年を記念した植樹を実施します。

 エア・ドゥでは、2008年より地域社会貢献・環境保全活動の一環として、就航している北海道内就航6地域(千歳・旭川・函館・女満別・帯広・釧路)において、地域の皆様と植樹活動(森林整備活動)を行ってきました。
 なお、就航20周年の今年、再びエア・ドゥ初就航の地である千歳市幌加地区において、北海道のコーディネートのもと植樹の実施を予定しておりましたが、先般発生いたしました台風21号の影響により、2019年度へ延期させていただきます。

 今般、植樹の実施に先立ち、森林所有者である千歳市森林組合との間で「ほっかいどう企業の森づくり」協定の調印を下記のとおり実施いたしました。

■ 協定概要

1. 調印者

<調印者>
千歳市森林組合 代表理事組合長 今 鉄雅(こん てつまさ)様
株式会社AIRDO 代表取締役社長 谷 寧久(たに やすひさ)

<立会者>
北海道副知事 辻 泰弘(つじ やすひろ)様
千歳市副市長 横田 隆一(よこた りゅういち)様

2. 協定内容
  1. 協定期間:2018年度から8年間
  2. 森林の名称:AIRDO絆の森 ~「叶える翼に。」就航20周年を迎えて~
  3. 整備内容:千歳市幌加地区の森林2.5haにカラマツ1,400本とトドマツ 3,600本計5,000本の植栽と下草刈り等の保育を実施。
3. その他
  • 千歳市幌加地区における森林整備は2008年から行っており、この度の協定では、森林整備箇所をその隣接地に拡大し実施するもので、総実施面積は7.0haとなります。
  • 今回の協定では、道産木材を利用した協定書を用意し、調印を行いました。

【調印を行った協定書】

以上

プレスリリース一覧に戻る