札幌商工会議所「CSR経営表彰」受賞について

2018年1月24日

 株式会社AIRDO(以下:エア・ドゥ)は、札幌商工会議所が実施する平成29年度「CSR経営表彰」を受賞しました。

 札幌商工会議所による「CSR経営表彰」は、「良好な財務基盤」と「継続的且つ積極的なCSR(企業の社会的責任)活動」の両立を図り、地域・社会に根付いた経営を行っている会員企業のうち、「地域・社会貢献」「環境貢献」の分野において積極的に取り組んでいる企業を、札幌商工会議所が表彰するものです。

 エア・ドゥでは、北海道内各就航地域における植樹活動※1、北海道内小・中学校における航空教室※2、また、東日本大震災の被災地に向けて機内販売を通じた復興支援や、平成28年の熊本地震・北海道豪雨災害にて被災した自治体への寄付などといった社会貢献活動を行ってまいりましたが、今回の表彰においてはこれらの取り組みを評価いただき、「CSR経営表彰」の受賞となりました。

 エア・ドゥは今後も「北海道の翼」として、「地域社会への貢献」「災害復興支援」及び「環境保全」を活動の3本柱とする社会貢献活動を継続的に実施し、地域社会の発展に貢献してまいります。

 ※1 就航10周年を迎えた2008年より道内就航地域である千歳地区(千歳市幌加)、旭川地区(東川町)、函館地区(北斗市)、女満別地区(美幌町)、帯広地区(新得市)、釧路地区(弟子屈町)の計6地区にて植樹を実施しました。就航20周年を迎える2018年は、改めて初就航の地である千歳地区にて、「育樹」の観点も踏まえた「植樹」を実施します。

 ※2 北海道庁と協力し北海道内小学校、中学校において、運航乗務員、客室乗務員、整備士による「航空教室」を実施し、それぞれの仕事内容や飛行機が飛ぶ仕組み、機内アナウンス体験を通じて飛行機の素晴らしさを伝えると共に、地域の子供たちのキャリア教育に取り組んでいます。これまでに 延べ約200校、11,000人を超える小・中学生に受講いただきました。



【受賞式の様子】

 




【航空教室の様子】

【釧路地区(弟子屈町)での植樹の様子】

以上

プレスリリース一覧に戻る