2017年度上期運航計画について

2017年1月19日

~東京(羽田)-札幌(新千歳)の深夜便を継続運航します!~
~機材大型化により、道北・道東へのご旅行がますます便利に!~

株式会社AIRDO(以下:エア・ドゥ)は、2017年度上期運航計画(夏ダイヤ期間:2017年3月26日~2017年10月28日)を以下の通り決定いたしました。
本夏ダイヤにおきましても、2013年度より運航を開始しお客様にご好評をいただいている「東京(羽田)-札幌(新千歳)」線の深夜便を、引き続き計画いたします。
また、「東京(羽田)-旭川」線につきましては、上期の旅客需要に応えるべく一部の日を除き全便(3往復 6便)をB767-300型機にて運航いたします。「東京(羽田)-女満別」線につきましても、夏季期間を中心に機材大型化(B767-300型機)を図り、両路線ともに提供座席数が増加することで、道北・道東地区を訪れるお客様にとってより便利な運航計画としています。
機材計画につきましては、B767-300型機は、北海道の代表的な風景と当社マスコットキャラクター「ベア・ドゥ」を全面に描いた特別塗装機「ベア・ドゥ北海道 JET」をはじめとする4機、B737-700型機は9機の計13機体制で運航を行います。

エア・ドゥは2018年12月20日の就航20周年に向けて、これからも安全を最優先に、お客様にご安心・ご満足いただける空の旅を提供すべく、『「北海道の翼」にふさわしい"オンリーワン"のエアライン』を目指して、サービスの向上に努めてまいります。

1.機材計画

  • B767-300型機(286、288、289席)は4機体制での運航となります。(うち1機は特別塗装機「ベア・ドゥ北海道 JET」)
  • B737-700型機(144席)は9機体制での運航となります。

2.東京(羽田)-札幌(新千歳)線の深夜便運航

  • 東京(羽田)-札幌(新千歳)の深夜便運航を計画します。なお、一部期間で発着時刻を変更いたします。
便名 出発地/到着地 運航ダイヤ 運航日
43便 東京(羽田)→札幌(新千歳) 21:30発~23:05着※1 4/28、4/30、7/14、7/17、7/30、8/10、8/13、9/1、9/3、9/8、9/10、9/15、9/17~9/18、9/22、9/24、9/29、10/1、10/6~10/9、10/13、10/15、10/20、10/22、10/27
44便 札幌(新千歳)→東京(羽田) 22:20発~23:55着※2 4/28、4/30、7/14、7/17、7/30、8/10、8/13、9/1、9/3、9/8、9/10、9/15、9/17~9/18、9/22、9/24、9/29、10/1、10/6~10/9
21:45発~23:30着※3 10/13、10/15、10/20、10/22、10/27
  • ※1 B737-700型機での運航となります。(8/10のみ B767-300型機運航)
  • ※2 B767-300型機での運航となります。
  • ※3 B737-700型機での運航となります。
  • ※ 運航機材は変更となる場合がございます。

3.東京(羽田)-旭川線の機材大型化

  • 旭川線については、一部の日を除き全便(3往復 6便)をB767-300型機による運航とし、提供座席数の増加をもって利便性向上を図ります。
路線 B767-300型機による運航日数
2016年度夏ダイヤ期間(2016/3/27~10/29) 2017年度夏ダイヤ期間(2017/3/26~10/28)
東京(羽田)-旭川線 計118日 計211日
  • ※ 9/25~9/26、10/6、10/8、10/23~10/24については、旭川線81/82便(午前便)がB737-700型機での運航となります。
  • ※ 運航機材は変更となる場合がございます。

4.東京(羽田)-女満別線の機材大型化

  • 女満別線(77/78便)については、夏季期間の旅客需要に鑑みてB767-300型機による運航とし、提供座席数の増加をもって利便性向上を図ります。
便名 出発地/到着地 運航ダイヤ B767-300型機運航日
77便 東京(羽田)→女満別 11:20発~13:00着 6/23~6/26、7/14、7/16、7/18~9/30、10/24
78便 女満別→東京(羽田) 13:40発~15:35着
  • ※ 上記の日程以外についてはB737-700型機での運航となり、77便の運航ダイヤが5分早発(11:15発13:00着)となります。
  • ※ 運航機材は変更となる場合がございます。

5.札幌(新千歳)-仙台線の運航便数の変更

  • 2017年度夏ダイヤ期間において、札幌(新千歳)-仙台線の運航便数を一部変更いたします。
路線 5往復/日 運航日 4往復/日 運航日
札幌(新千歳)-仙台線 4/28~4/30、8/1~10/28 3/26~4/27、5/1~7/31

6.路線便数計画

  • 2017年度夏ダイヤ期間(2017年3月26日~2017年10月28日)の路線便数計画は以下の通りです。

[路線便数計画]

路線 2017年3月26日~2017年10月28日
東京(羽田)-札幌(新千歳) 11(12)往復 22(24)便 / 日※1
東京(羽田)-旭川 3往復 6便 / 日
東京(羽田)-函館 2往復 4便 / 日
東京(羽田)-女満別 2往復 4便 / 日※2
東京(羽田)-帯広 3往復 6便 / 日※3
東京(羽田)-釧路 2往復 4便 / 日
札幌(新千歳)-仙台 5往復 10便 / 日※4
札幌(新千歳)-神戸 2往復 4便 / 日
札幌(新千歳)-岡山 1往復 2便 / 日
札幌(新千歳)-広島 1往復 2便 / 日
名古屋(中部)-札幌(新千歳) 3往復 6便 / 日
名古屋(中部)-函館 1往復 2便 / 日
36(37)往復 72(74)便 / 日※1※5
  • ※1 ()内の便数は深夜便を運航する場合の便数となります。深夜便を設定する一部運航日は12往復 24便となります。
  • ※2 6/24、6/26、10/22~10/23、10/27~10/28は3往復 6便となります。
  • ※3 ※2の6日間は2往復 4便となります。
  • ※4 一部期間において4往復 8便となります。日により運航便数が異なります。詳細は、「5.札幌(新千歳)-仙台線の運航便数の変更」をご覧ください。
  • ※5 ※4の期間においては35(36)往復 70(72)便となります。()内の数字は深夜便運航時の便数となります。
  • これらの計画は関係当局の認可を前提としておりますため、変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 全運航路線の発着時刻詳細は弊社WEBサイト http://www.airdo.jp/plan/timetable/ 『時刻表』にてご確認ください。 夏ダイヤ期間の運航路線におけるダイヤ変更、増便運航につきましては、別途当社WEBサイトにてご案内いたします。

以上

プレスリリース一覧に戻る