2016年度上期運航計画について

2016年1月20日

株式会社AIRDO(以下:エア・ドゥ)は、2016年度上期運航計画(夏ダイヤ期間:2016年3月27日~2016年10月29日)を以下の通り決定いたしました。
2016年度夏ダイヤにおいては、東京(羽田)~札幌(新千歳)の利便性を高めるべく、深夜便運航を計画しております。また、一部期間において女満別線、旭川線の機材を大型化し、提供座席数の増加を図ります。
運航機材につきましては、従来より進めておりましたB737-500型機からB737-700型機への機材更新が2016年1月に全て完了し、B737-700型機は9機体制、B767-300型機については4機体制での運航を基本としつつ、B767型機機材更新時期の一部期間において5機体制での運航を実施することとし、計13機(一部期間14機)体制での運航となります。
航空業界を取り巻く環境はめまぐるしく変化しておりますが、エア・ドゥは「北海道の翼」として、安全を最優先とし基本品質の向上を図ると共に、引き続き皆様のご期待にお応えできるよう事業を運営してまいります。

1.機材計画について

  • B767型機を2016年7月末に1機導入、2016年10月に1機(JA8359)退役を予定しており機材更新を実施します。B767型機は4機体制で一部期間で5機体制となります。
  • B737-700型機(144席)への機材更新は、2016年1月に完了し、今年度より同型機全9機での運航となります。

2.東京(羽田)~札幌(新千歳)線の深夜便運航について

  • 東京(羽田)~札幌(新千歳)の深夜便をB737-700型機にて運航を予定しております(計75日)。
    ダイヤ、運航日は以下の通りです。
運航便名 運航ダイヤ 運航日
43便 HND21:30発✈CTS23:05着 夏ダイヤ運航期間の毎週金曜日、日曜日上記以外の運航日、5/2~4、7、7/18、8/6、10~11、13、15~16、9/19、10/10
44便 CTS23:10発✈HND25:00着

※運航機材は変更となる場合がございます。

3.東京(羽田)~女満別線の機材大型化について

  • 女満別線の一部期間においてB737型機に代わりB767-300型機を使用し、提供座席数の増加を図ります。
    79/80便がB767-300型機の運航となる日は女満別線すべての便(2往復)が大型化となります。
運航便 運航日
77便、78便 6/24~27、7/16~10/3(計84日)
79便、80便 6/24~27、7/23~9/26(計70日)
  • ※運航機材は変更となる場合がございます。
  • ※発着時刻の詳細は弊社WEBサイト(次頁記載)をご参照ください。

4.東京(羽田)~旭川線の機材大型化について

  • 旭川線(午前便)にてB737型機に代わりB767-300型機を使用し、提供座席数の増加を図ります。下記運航日には旭川線運航のすべての便がB767-300型機での運航となります。
運航便 運航日
81便、82便 3/27~31、4/1~3、28~30、5/1~13、6/24~9/25(計118日)
  • ※運航機材は変更となる場合がございます。
  • ※発着時刻の詳細は弊社WEBサイト(次頁記載)をご参照ください。

5.路線便数計画について

  • 2016年夏ダイヤ期間(2016年3月27日~2016年10月29日)の路線便数計画は以下の通りです。

[路線便数計画]

  2016年3月27日~2016年10月29日
東京(羽田)=札幌(新千歳) 11(12)往復22(24)便/日※1
東京(羽田)=旭川 3往復6便/日
東京(羽田)=函館 2往復4便/日
東京(羽田)=女満別 2往復4便/日※2
東京(羽田)=帯広 3往復6便/日※3
東京(羽田)=釧路 2往復4便/日
札幌(新千歳)=仙台 5往復10便/日
札幌(新千歳)=神戸 2往復4便/日
札幌(新千歳)=岡山 1往復2便/日
札幌(新千歳)=広島 1往復2便/日
名古屋(中部)=札幌(新千歳) 3往復6便/日
名古屋(中部)=函館 1往復2便/日
36(37)往復72(74)便/日※4
  • ※1 深夜便を設定する一部運航日は12往復24便
  • ※2 団体対応日は3往復6便
  • ※3 他路線での団体対応日は2往復4便
  • ※4 深夜便運航日は37往復74便
  • これらの計画は関係当局の認可を前提としております。都合により変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 全運航路線の発着時刻詳細は弊社WEBサイト http://www.airdo.jp/plan/timetable/ 『時刻表』にてご確認ください。
    夏ダイヤ期間における運航路線でのダイヤ変更、増便運航につきましては、別途弊社WEBサイトでご案内いたします。

以上

プレスリリース一覧に戻る