水道水を使用するウォーターサーバーのおすすめ7選!浄水型の特徴やデメリットも詳しく紹介

ウォーターサーバーは、天然水などの水ボトルを配送するサービスばかりではありません。自宅の水道水を高性能フィルターでろ過して、安心安全な水に変えるウォーターサーバーもあります。

さらに、水道に直結するタイプのウォーターサーバーであれば水ボトルの交換や補充といった手間もかかりません。家庭の水道水を利用するウォーターサーバーのメリットとデメリットを詳しくご紹介します。ウォーターサーバーの導入を検討する際にぜひ参考にしてくださいね。

1エブリィフレシャス mini

2エブリィフレシャス tall

3ウォータースタンド ガーディアン

水道水を使うウォーターサーバーについて徹底解説

多くのウォーターサーバーは、メーカーから配送された水ボトルを利用するモデルです。しかし、一部のサービスでは家庭の水道水を利用するウォーターサーバーも用意されています。

水道水を利用する最大のメリットは、水の価格を安くおさえられることです。コスパがよく、利用シーンによっては水ボトル配送型よりもメリットのある水道水利用型のウォーターサーバーについて詳しく解説します。

水道水をフィルターで浄化

水道水を使用するタイプのウォーターサーバーは、フィルターでろ過した安心安全な水を手軽に利用できます。基本的に日本の水道水はそのまま飲用可能です。

しかし、水道水には水質維持の目的で塩素が加えられているので、特有のカルキ臭がします。また、集合住宅などで配管が古い場合には、臭いだけではなく水質も心配です。

高性能フィルターで水道水をろ過するウォーターサーバーを使用すれば、塩素をはじめとした不純物の多くを除去できるのでくせのない水を味わえます。

水道からすぐに補充ができる

水道水を使うウォーターサーバーなら、水ボトルの配送は必要ありません。家庭の水道から水を補充するだけで、清潔な水をいつでも好きなだけ利用できます。また、水ボトルの価格に比べて水道料金の方が安いため、水ボトル配送型のウォーターサーバーよりコストがかからないのも大きなメリットです。

また、水ボトルの購入にはノルマが設定されていることもありますが、水道水を利用するタイプであれば、水の使用量が少ない場合でも無駄な料金がかかる心配もありません。

水道水ウォーターサーバーには2つの方式がある

水道水ウォーターサーバーは、水道水をタンクに補充するタイプと水道直結タイプの2種類があります。設置場所や利便性などどちらの方式にもメリットとデメリットがあるので、部屋の間取りやライフスタイルにあわせて選びましょう。

タンクに補充するタイプは、サーバー内のタンクに水道水を注ぎ入れて使用します。水ボトル交換式のウォーターサーバー同様に、設置工事が不要で部屋のどこにでも設置できるのがメリットです。ただし、タンクの水がなくなる都度補充する手間がかかります。また、取り外し式のタンクの場合には、定期的なタンクの洗浄も必要です。

一方の水道直結タイプのウォーターサーバーは、水を補充する手間がまったくかかりません。フィルターでろ過された清潔な水をいつでも好きなだけ利用できます。ただし、ウォーターサーバーの設置には工事が必要で、設置場所も限定されてしまうのがデメリットです。また、フィルターに高性能なRO膜を使用するタイプのウォーターサーバーでは、排水場所の確保が必要な場合もあります。

水道水を浄化するウォーターサーバーのデメリット

水道水を浄化して利用するタイプのウォーターサーバーには多くのメリットがありますが、残念ながらデメリットもあります。導入を検討する際には、デメリットについても理解しておくことが重要です。水道水利用タイプのウォーターサーバー特有のデメリットについてご紹介します。

おいしい水は天然水

一般的に「おいしい水」といわれる水は、ミネラル成分を豊富に含んだ天然水です。水道水を使用するウォーターサーバーは、不純物を取り除くだけなので天然水のような深い味わいにはなりません。

しかし、不純物がろ過された水はくせがなく無味に近いのが特徴です。料理やコーヒーなどの飲み物の味に余計な影響を与えません。また、天然水と比べてコストが圧倒的に安いので、炊飯や煮物などの大量の水を使うシーンでも料金を気にせず幅広く使えます。

水の補充がめんどう

水ボトル配送型のタイプなら、予備の水ボトルにさっと交換するだけです。しかし、タンクに水を補充するタイプのウォーターサーバーでは、水がなくなる都度補充する作業が発生します。また、水道栓に直結するタイプの場合は、設置場所が蛇口に近い場所に限定されるので注意が必要です。

一方で、水ボトルが配送されるサービスの場合は、配送日の調整や長期不在の際の配送停止など細かな手続きが発生します。その点、水道水を利用するウォーターサーバーであれば、自分の好きなタイミングで水の補充が可能です。

フィルターの定期交換が必要

水道水を浄化するウォーターサーバーの場合、水ボトルが配送されてくることはありません。しかし、サーバー内にあるフィルターについては定期交換が必要です。フィルターの交換をせずに使用し続けると、本来のろ過能力が低下するばかりか雑菌が繁殖する可能性もあるので注意しましょう。

フィルター交換の手間自体はかかりますが、多くのサービスでフィルターの料金は月額料金に含まれていて無料です。水の使用量にかかわらず毎月固定の料金で利用できる水道水利用型のウォーターサーバーは、支払い計画が立てやすいというメリットもあります。

水道水を使用するおすすめウォーターサーバー7選

水道水を利用するタイプのウォーターサーバーは、水ボトル配送タイプに比べてあまりラインナップは多くありません。しかし、ウォーターサーバーによって特徴は大きく異なる点には注意が必要です。水道水利用のウォーターサーバーでおすすめするモデルを、それぞれの特徴とともにご紹介します。

エブリィフレシャス mini

エブリィフレシャス miniは世界的なデザイナーによって設計された水道水補充型のウォーターサーバーです。幅25cm×奥行29.5cm×高さ47cmと、本体サイズは非常にコンパクトでスタイリッシュに設計されています。

さらに、クリーン機能や省エネ機能も搭載されるなど高機能な点も特徴です。また、浄水能力も優れていて全部で16項目の物質を除去できます。

一方で本体サイズ同様にタンク容量も小さいので、水の使用量によっては補充する手間が多く発生する点には注意が必要です。

ウォーターサーバーレンタル料 月額3,300円(初月無料)
初期費用 なし
サイズ(幅×奥行×高さ) 250mm×295mm×470mm
水温種類 冷水・温水
給水方法 タンク補充方式
メンテナンス費用 無料

エブリィフレシャス tall

エブリィフレシャス tallは床置きタイプの水道水補充型ウォーターサーバーです。細かな温度設定ができる点が特徴で、エコ機能も含めて6段階に調整できます。また、浄水能力が高い点も大きな特徴です。JIS規格で定められた除去対象物質12項目を含む23物質を除去します。

高性能フィルターですが、月間99L以上の水を使用する場合は追加フィルターの購入が必要な点には注意が必要です。

ウォーターサーバーレンタル料 月額3,300円(初月無料)
初期費用 なし
サイズ(幅×奥行×高さ) 290mm×363mm×1,125mm
水温種類 冷水・温水・常温水
給水方法 タンク補充方式
メンテナンス費用 無料

ウォータースタンド ガーディアン

ウォータースタンド ガーディアンは、水道直結型のウォーターサーバです。瞬間冷温水システムを搭載しているので、水道直結型でタンクがないにもかかわらずストレスなく冷水や温水がりようできます。また、保温に電力がかからないため1ヶ月の電気代が約150円しかかかりません。

ただし、瞬間冷温水システムも万能ではなく、熱湯や大量のお湯を使用する際は待ち時間が発生します。

ウォーターサーバーレンタル料 月額4,400円
初期費用 9,900円
サイズ(幅×奥行×高さ) 230mm×230mm×471mm
水温種類 冷水・温水
給水方法 水道直結型
メンテナンス費用 無料

ウォータースタンド メイト

ウォータースタンド メイトは水道直結型のウォーターサーバーです。最大の特徴は電源不要で使用できる点で、電気代がまったくかかりません。また、電源が不要なのでコンセントがない場所にも設置できます。しかも、月額料金が2,200円と安価におさえられているのも大きなメリットです。

ただし、常温水しか出水できないため冷水や温水を利用したい場合は、冷蔵庫で冷やしたりお湯を沸かしたりといった手間がかかります。

ウォーターサーバーレンタル料 月額2,200円
初期費用 9,900円
サイズ(幅×奥行×高さ) 130mm×402.7mm×308mm
水温種類 常温
給水方法 水道直結型
メンテナンス費用 無料

ウォータースタンド ネオ

ウォータースタンド ネオは、水道直結型でありながらオプションのエコサーバーを加えることで水道水補充型としても利用できる2wayタイプのウォーターサーバーです。水道直結型のウォーターサーバーは本来なら設置工事が必要ですが、エコサーバーを利用することで手軽に利用できます。

ただし、エコサーバーを利用する場合には、月額1,100円が別途必要になる点には注意が必要です。

ウォーターサーバーレンタル料 月額3,850円
初期費用 9,900円
サイズ(幅×奥行×高さ) 260mm×505mm×500mm
水温種類 冷水・温水・常温水
給水方法 水道直結型/タンク補充型
メンテナンス費用 無料

ウォータースタンド ステラ

ウォータースタンド ステラは、同社の製品の中でもとくに高機能なウォーターサーバーです。特殊なROフィルターを通して、水道水に含まれている不純物を99.9%カット。ボトル宅配型のRO水と同様の、純水に近い水を家庭で手軽に味わうことができます。

さらに、除菌機能が充実している点も特徴です。サーバー内のフィルターや配管は毎日、タンク内は数日に1回自動的に洗浄してくれます。

高機能な反面、やや月額料金が高く設定されている点には注意しましょう。

ウォーターサーバーレンタル料 月額6,050円
初期費用 9,900円
サイズ(幅×奥行×高さ) 260mm×530mm×500mm
水温種類 冷水・温水・常温水
給水方法 水道直結型
メンテナンス費用 無料

ウォータースタンド プレミアムシリーズ L2

ウォータースタンド プレミアムシリーズ L2は、12Lという大容量タンクでRO水をたっぷりと使えるウォーターサーバーです。RO膜を含む3段階のフィルターで安心安全な水を楽しめます。

ウォーターサーバー本体の交換も含んだアフターサービスが充実している点も注目ポイントです。

ただし、大容量ということで本体サイズがやや大きいので設置場所は事前によく検討しましょう。

ウォーターサーバーレンタル料 月額7,150円
初期費用 9,900円
サイズ(幅×奥行×高さ) 260×448×1150mm
水温種類 冷水・温水・常温水
給水方式 水道直結型
メンテナンス費用 なし

水道水を安心安全な水に変えるウォーターサーバー

安心で安全な水を手軽に利用したい方には、水道水を利用するウォーターサーバーがおすすめです。高性能フィルターで浄化したくせのない水は、料理や飲み物など幅広く使えます。また、大量に使用しても水の料金は水道料金のみとコスパが高い点も大きなメリットです。

水道水をそのまま飲むことには抵抗がある方は、ぜひ一度水道水利用タイプのウォーターサーバーを検討してみてくださいね。

※当ページは株式会社AIRDOが提供する広告ページです。
※当ページの商品・サービスに関するお問い合わせは、各サービス提供元へご連絡をお願いいたします。
株式会社AIRDOでは対応しておりませんので予めご了承ください