浄水型ウォーターサーバーなら量を気にせず使える!浄水型を選ぶポイントとおすすめ7選

ウォーターサーバーといえば天然のおいしい水というイメージですよね。しかし、フィルター性能の向上とともに、水道水を利用する浄水型ウォーターサーバーも近年注目されています。

水道水を利用する浄水型ウォーターサーバーは、水のコストが安いという点が最大のメリットです。しかし、メリットは価格だけではありません。浄水型ウォーターサーバーのメリットや選ぶ際のポイントを詳しく解説します。厳選したおすすめの浄水型ウォーターサーバーもご紹介厳選したおすすめの浄水型ウォーターサーバーもご紹介するのでウォーターサーバー選びの参考にしてくださいね。

1エブリィフレシャス mini

2エブリィフレシャス tall

3ウォータースタンド
ガーディアン

浄水型ウォーターサーバーのメリット

浄水型ウォーターサーバーには、価格面だけではなくさまざまなメリットがあります。ウォーターサーバーの導入を検討する際には、水ボトル交換式のものとどちらがよいのかしっかりと検討しましょう。

RO水利用のウォーターサーバーであれば、浄水型ウォーターサーバーのほうがメリットも大きいこともありますよ。

水道水を使うからコストパフォーマンスがいい

浄水型ウォーターサーバー最大のメリットはコスパです。浄水型のウォーターサーバーは自宅の水道水をフィルターでろ過して利用するため、水ボトルを購入する費用がかかりません。

水ボトルの費用には、ボトリングや配送にコストも含まれているのでどうしても水道水より高い料金設定になってしまいます。自宅の水道水を利用する浄水型ウォーターサーバーなら、水にかかる費用は水道料金のみです。

安全安心な水をいつでも使える

浄水型のウォーターサーバーは、水道水の塩素や不純物をフィルターでろ過して利用します。水ボトル交換方式のものでも、比較的安価なRO水を利用しているサーバーは、水をろ過して利用するという点では実は浄水型ウォーターサーバーと変わりません。

ウォーターサーバー導入の目的が、安全で安心な水を利用したいということであれば浄水型ウォーターサーバーも検討してみましょう。水の購入代金を気にせずいつでも利用できるという点では、RO水利用のウォーターサーバーよりも使い勝手がいい場合もあります。

浄水器と違って冷水や温水が使える

浄水器を自宅に導入した際にもっとも便利に感じる機能の1つは、温水と冷水をいつでもすぐに使えることです。蛇口に直接取り付ける浄水器では水道の温度以外では利用できません。

高機能なウォーターサーバーなら、温度設定が変更できるものもありますし熱湯が出せるものあります。生活のなかでより便利に安全で安心な水を利用するなら、浄水型ウォーターサーバーのほうがおすすめです。

また、浄水器であっても月額費用がかかるものも多くあります。利便性も含めてトータルコストで比較するようにしましょう。

水ボトルの受け取りが不要

浄水型ウォーターサーバーと水ボトル配送方式との一番の違いは、水ボトルの受け取りが不要なことです。水ボトル配送方式だと配送業者とスケジュールを合わせて水を受け取る必要があります。また、サービスによってはボトルの配送日が固定されていることもあるので注意が必要です。

さらに、返却が必要なリターナブルボトルを使用している場合は、返却するまでボトルを自宅で保管しておく必要があります。その点、浄水型のウォーターサーバーなら自宅で水道水を補充するだけなので、ボトル交換にわずらわされることがありません。

浄水型ウォーターサーバーを選ぶポイント

浄水型ウォーターサーバーを選ぶ際は、水ボトル交換式のサーバーとは違うポイントもチェックする必要があります。利用できる水の品質や、設置場所にかかわる重要なポイントなので必ず事前に確認しておきましょう。

浄水型ウォーターサーバーならではの選び方を詳しく解説します。

補充タイプか水道直結タイプかを選ぶ

浄水型ウォーターサーバーには、大きく分けて水道水を補充するタイプと水道直結タイプの2種類があります。設置場所やライフスタイルによって最適なタイプを選びましょう。

補充タイプは、サーバーのタンクを取り外して水道水を補充します。補充タイプの場合はサーバーの設置工事をおこなう必要がありません。コンセントさえあればどこにでも設置できるので、キッチンが狭い一人暮らしの方にもおすすめです。ただし、水がなくなる都度補充するという手間がかかります。

また、タンクを定期的に洗浄する必要がある点もデメリットです。

一方の水道直結タイプは、水道から直接水が供給されるのでタンクの交換といった手間がいっさいかかりません。ただし、設置場所が水道の蛇口周りに限定されることと、蛇口の形状によっては取り付けができないことがある点に注意が必要です。

フィルターの不純物除去率表示で選ぶ

ウォーターサーバーを選ぶ際は、フィルターの不純物除去率についてもチェックしておきましょう。各メーカーの浄水フィルターによって、除去できる物質数や成分が異なります。

たとえば、家庭用品品質表示法で定められた物質は全部で12種類ですが、、さらに合計20種類以上もの不純物を除去できるウォーターサーバーもあります。より安全で安心な水を求める場合は、高い性能をもったフィルターを採用しているウォーターサーバーを選びましょう。

浄水型ウォーターサーバーのおすすめ7選

浄水型ウォーターサーバーを提供しているメーカーは限られています。しかし、同じメーカーでも機種によって機能が大きく異なる場合もあるので、導入の際は慎重に選びましょう。

浄水型ウォーターサーバーのなかでもおすすめの機種をご紹介します。タンク補充型と水道直結型という給水方式にも注目して参考にしてくださいね。

エブリィフレシャス mini

エブリィフレシャスのminiは世界的なデザイナーによって設計された水道水補充型のウォーターサーバーです。幅25cm×奥行29.5cm×高さ47cmというコンパクトサイズなので、お部屋のどこにでも設置できます。

しかし、タンク容量が小さいので、大量の水を使う場合は頻繁に補充作業が必要です。

ウォーターサーバーレンタル料 月額3,300円(初月無料)
初期費用 なし
サイズ(幅×奥行×高さ) 250mm×295mm×470mm
水温種類 冷水・温水
給水方法 タンク補充方式
メンテナンス費用 無料

エブリィフレシャス tall

エブリィフレシャス tallは、スタンドタイプの浄水型ウォーターサーバーです。温度設定の幅が広く、6段階からお好みの温度を選べます。月額の利用料金に浄水フィルター代も含まれていて、いつも清潔なフィルターを利用できるのもうれしいポイントです。

どの浄水型ウォーターサーバーにもいえることですが、ミネラルを豊富に含んだ天然水のような深い味わいはありません。一方でくせがないので、さまざまな飲み物や料理に幅広く使えます。

ウォーターサーバーレンタル料 月額3,300円(初月無料)
初期費用 なし
サイズ(幅×奥行×高さ) 290mm×363mm×1,125mm
水温種類 冷水・温水・常温水
給水方法 タンク補充方式
メンテナンス費用 無料

ウォータースタンド ガーディアン

ウォータースタンドのガーディアンは、デザイン性の高い水道直結型のウォーターサーバーです。瞬間冷温水機能によって、必要なときだけいつでもすぐに必要な温度の水が使えます。また、通電時間の短縮になるので高い省エネ性能を実現しました。本体サイズは縦横23cmと非常にコンパクト。キッチンの空きスペースに無理なく設置できます。

ただし、水道直結型のウォーターサーバーなので設置時に工事が必要です。

ウォーターサーバーレンタル料 月額4,400円
初期費用 9,900円
サイズ(幅×奥行×高さ) 230mm×230mm×471mm
水温種類 冷水・温水
給水方法 水道直結型
メンテナンス費用 無料

ウォータースタンド メイト

ウォータースタンド メイトは、あえて常温水のみの給水に特化したコスパの高いウォーターサーバーです。常温水のみなので電力をいっさい使いません。また、機械自体が単純な作りなので、故障しにくく料金も安くおさえられています。

一方でフィルターは3本の大型フィルターを搭載。不純物をほとんど除去してくれるので、くせのない水を楽しめます。

ただし、冷水や温水をすぐ使いたい方にはおすすめできません。

ウォーターサーバーレンタル料 月額2,200円
初期費用 9,900円
サイズ(幅×奥行×高さ) 130mm×402.7mm×308mm
水温種類 常温
給水方法 水道直結型
メンテナンス費用 無料

ウォータースタンド ナノシリーズネオ

ウォータースタンドのナノシリーズネオは水道直結型の高機能ウォーターサーバーです。

さらに、サブタンク付きの専用台を使用すれば、水道とつなげることなくタンク補充式のサーバーとしても使用できます。設置場所の制約を受けにくいので、お部屋の間取りにかかわらず設置可能です。

ただし、水道直結型ウォーターサーバーとして利用する場合は設置工事が必要です。

ウォーターサーバーレンタル料 月額3,850円
初期費用 9,900円
サイズ(幅×奥行×高さ) 260mm×505mm×500mm
水温種類 冷水・温水・常温水
給水方法 水道直結型/タンク補充型
メンテナンス費用 無料

ウォータースタンド S3

ウォータースタンド S3は、不純物除去率99.9%という高性能ROフィルターが搭載された水道直結型のウォーターサーバーです。ボトル配送型のウォーターサーバーでも多く採用されているRO水を、家庭の水道水で手軽に利用できます。

ただしRO水を作る際に排水が必要なため、シンクなど排水可能な場所の確保が必要です。

ウォーターサーバーレンタル料 月額5,280円
初期費用 9,900円
サイズ(幅×奥行×高さ) 260mm×483mm×510mm
水温種類 冷水・温水・常温水
給水方法 水道直結型
メンテナンス費用 無料

ウォータースタンド L2

ウォータースタンド L2は、12Lという大容量タンクにもかかわらずスリムでスタイリッシュなスタンド型ウォーターサーバーです。RO膜フィルターを搭載しているので、品質の高い水をいつでもたっぷりと利用できます。

ただし、水道直結型ウォーターサーバーなので設置場所については事前にしっかりと確認しておきましょう。

ウォーターサーバーレンタル料 月額5,280円
初期費用 9,900円
サイズ(幅×奥行×高さ) 260mm×483mm×510mm
水温種類 冷水・温水・常温水
給水方法 水道直結型
メンテナンス費用 無料

浄水型ウォーターサーバーなら手軽にはじめられる

水道水を利用する浄水型のウォーターサーバーなら、水の使用量を気にする必要がありません。ボトル配送型のウォーターサーバーでは、水の使用量が毎月の利用料金に大きく影響してしまいます。

しかし、飲料水として毎月何リットルの水を消費しているのかというのは、正確にはわかりません。

浄水型ウォーターサーバーであれば、水自体の料金はこれまでの水道料金と変わらないため、毎月かかるコストが簡単にイメージできます。また、ボトル配送型のように配送日の確認や調整、不在時の配送スキップといったわずらわしい手続きも必要ありません。

安心安全な水を手軽に毎日の生活に取り入れたいかたは、ぜひ浄水型ウォーターサーバーの導入を検討してみてくださいね。

※当ページは株式会社AIRDOが提供する広告ページです。
※当ページの商品・サービスに関するお問い合わせは、各サービス提供元へご連絡をお願いいたします。
株式会社AIRDOでは対応しておりませんので予めご了承ください