人気ウォーターサーバーの口コミ!選ぶ際のポイントと口コミで選ぶおすすめランキング7選

自分にとって最適なウォーターサーバーを選ぶためには、いくつかのポイントをおさえる必要があります。また、実際に利用している人の口コミも重要な情報です。とくに、ウォーターサーバーを導入する人も増えたことで、さまざまな口コミが寄せられるようになってきています。

ウォーターサーバーの導入を検討しているのであれば、まずはサービス内容や口コミといった情報収集からはじめましょう。ウォーターサーバーを選ぶ際のポイントや注意点を詳しく解説します。また、厳選したおすすめウォーターサーバーも口コミとあわせて紹介しているので、サーバー選びの参考にしてくださいね。

1フレシャス Slat(+cafe)

2エブリィフレシャス tall

3プレミアムウォーター
スリムサーバーIII

ウォーターサーバーを選ぶ3つポイント

ウォーターサーバーにはさまざまなメーカーやモデルがあるので、なんとなく選んでいては最適なウォーターサーバーをみつけることはできません。

しかし、いくつかのポイントに絞って検討することで自分にとってどのサーバーが最適なのかがみえてきます。ウォーターサーバーを選ぶ際のポイントを3つに絞って紹介するので、ぜひサーバー選びの参考にしてくださいね。

水の種類で選ぶ

ウォーターサーバーの水には天然水とRO水、水道水を利用するタイプの3種類があります。

天然水は文字通り天然の湧水を採取した水で、天然のミネラルを豊富に含んでいて味わい深いのが特徴です。RO水は特殊なRO膜を使用して不純物を全て除去した水で、無味無臭でクセがまったくありません。ミネラル成分などをあとから添加したものもあります。

おいしい水を求めるのであれば天然水が断然おすすめです。一方でRO水は価格が比較的安い点がメリットです。また、クセがないので料理などにも利用しやすく、あえてRO水を選ぶかたもいます。

水道水を利用するタイプは水の品質としてはほかの2種類と比べて劣りますが、水の利用料金がかからない点がメリットです。

どの種類の水にもメリットとデメリットがあります。予算や利用シーン、目的にあわせて選ぶことが大切です。

月額トータル費用で選ぶ

ウォーターサーバーにかかる費用は水代だけではありません。サーバーのレンタル代やメンテナンス費用などがかかる場合もあります。また、水ボトルの単価が安くても最低ノルマが設定されているサービスもあるので注意が必要です。

さらに、ウォーターサーバーを設置すると電気代もかかってきます。料金表に記載された費用だけではなく、省エネ機能も重要なポイントです。

費用で比較検討する場合は、1項目だけで比較するのではなく月額トータルでどれくらいのコストがかかるのか確認することをおすすめします。

機能性で選ぶ

ウォーターサーバーは毎日使うものなので、機能面も重要なポイントです。

ウォーターサーバーのなかには、冷水・温水だけでなく常温水が利用できるタイプのものもあります。さらに再沸騰機能など温度調整機能があるものであれば、カップ麺の調理などにも幅広く活用できて便利です。

ほかにも、自動洗浄機能やチャイルドロック機能、省エネ機能などさまざま機能が付加機能として搭載されているウォーターサーバーもあります。ウォーターサーバーに搭載されている機能によって使い勝手は大きく変わってくるので、機能性についてもしっかりと検討して選びましょう。

ウォーターサーバー導入前に確認すること

せっかくウォーターサーバーを契約しても、導入前のチェックを怠ると後々後悔することにもなりかねません。しかもウォーターサーバーは解約金がかかるので、いざ解約しようと思ってもなかなかできないということも考えられます。

そのような事態を回避するために、ここではウォーターサーバーの導入前に確認しておきたいポイントを3点ご紹介します。

設置場所をどこにするか

ウォーターサーバーはカタログでの見かけ以上にサイズがあるので、置き場所の選定は重要なポイントです。しかも、普段の使い勝手を考慮すると生活動線上に設置する必要があります。また、コンセントの確保も必要なので事前にしっかりとシミュレーションをしておきましょう。

限られたスペースを有効活用するためには卓上タイプもおすすめです。卓上タイプを選ぶ際には台が重さに耐えられるか、置いた際にどれくらいの高さになるのかという点も確認しておきましょう。

どれくらい水を使用するか

宅配水の主流であるペットボトルタイプは、12L入りが基本のサイズとなっていることがほとんどです。そのためウォーターサーバーを利用する際は毎月12Lを消費できるかどうかが1つの目安となります。

また、水ボトルの購入にノルマが設定されているサービスもあります。ノルマが設定されているサービスは比較的価格が安いことが多いので、水をたくさん使う場合は問題になりません。ただし、使いきれない場合は水が余ってしまうので注意が必要です。

普段どのくらい水を使っているのか、毎月どれくらいの水の量を注文するのか、契約前にきちんと考えておきましょう。

解約の手続きが明示されているか

解約について事前に調べておくことも、ウォーターサーバーを導入する際には重要なポイントです。

いろいろと検討をしてウォーターサーバーを導入しても、生活環境の変化などでやむをえず解約をすることもあります。解約について手続き方法も含めて事前に調べておけば、いざ急に解約する必要に迫られても安心です。

ウォーターサーバーのほとんどのサービスには最低契約期間が設定されていて、解約時に解約金がかかるケースもあります。必ず契約前に解約金の金額など細かく確認しておきましょう。

おすすめウォーターサーバー7選の口コミ

費用面や機能性といった観点で総合的に評価したウォーターサーバーのなかから、とくにおすすめのものを7つ厳選してご紹介します。また、客観的な評価として口コミも掲載しているのであわせてご覧ください。

フレシャス Slat(+cafe)

フレシャスSlat(+cafe)はボトルを下部に設置するタイプのウォーターサーバーです。水ボトルの交換時に重いボトルを持ち上げる必要がありません。スリムでスタイリッシュなデザインも人気を集めている理由の1つです。また、ワンタッチで解除できる温水ロックも搭載されているので、小さな子どものいる家庭でも安心して設置できます。

ただし、水ボトル料金以外にサーバーのレンタル料金もかかるので、コストはやや高めです。

【口コミ】

・Slat+cafeはデザインがおしゃれだったのと、コーヒー機能は夫が喜ぶだろうと思い導入を決めました。インテリアは北欧ヴィンテージをテーマに、スタイリッシュな空間に温かみを加えたイメージで統一しているのですが、これまでなかなか好みのウォーターサーバーが無くて...。Slat+cafeは見た目もおしゃれで、マットな質感が空間にもよく馴染んでいてお気に入りです。当初は「大きくて邪魔なんじゃないか」と心配していたのですが、リビングドアの横に置いたらピッタリ。四角いデザインなのにゴツさがなく、圧迫感も全くなかったです。また、使ってみて気が付いたのですが、マットな素材だと指紋が残りにくいのも良いなと思いました。

(引用元:https://www.frecious.jp/voice/

・Slat+cafeで手軽に水分補給できるところが気に入っています。もともと私は水を飲むことが苦手で、水分不足が原因で肌荒れしたり、腸内環境が悪くなることに悩んでいました。そこで、ウォーターサーバーを導入して水を積極的に飲む環境を作ろうと、思い切ってSlat+cafeを注文。冷蔵庫から飲み物を取り出さなくてもボタン1つで飲めるので、水分を摂るハードルがぐっと下がりました。また、朝起きてお茶を飲みたいときや、ランチ用のスープ作りにも、すぐにお湯が使えて快適です。これまでかさばっていたペットボトルゴミも減って、ゴミ出しのストレスが無くなったのも嬉しかったです。

(引用元:https://www.frecious.jp/voice/

標準月額料金(電気代除く) 4,244円
水料金(1セット) 3,254円(税込)(9.3L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約87円
ウォーターサーバーレンタル料 初月無料(月額990円(税込))
水温種類 冷水・温水・常温水
サイズ(幅×奥行×高さ) 290mm×350mm×1110mm

エブリィフレシャス tall

エブリィフレシャス tallは浄水型のウォーターサーバーです。水道水を注ぐだけで利用できるため、水代は水道料金のみにおさえることができます。水を注文する必要もないため、水が足らなくなるという心配もありません。

ただし詰め替えタイプのウォーターサーバーと異なり、定期的に自分でタンクを洗う手間が発生します。

【口コミ】

・水道水を使用するので、気兼ねなく飲むことができます!

飲用水の他、赤ちゃんのミルク作りや料理にも使用するので、定額制はありがたいです。

お水もおいしく、全く匂いも気にならず味も美味しいです★

デザインもシンプルでインテリアにも馴染み、狭い家でも幅をとることなく設置する事ができ満足です!

(引用元:https://every.frecious.jp/userreview/tall.php

・以前は、ボトルタイプのサーバーを利用していました。まず、箱を開けるのが大変で爪が折れそうなので毎回ペンチを使って箱を開けていました。ボトルをセットするのも水が重い、また使ったあとのごみ捨ても大変でしたので今は楽ちんになりました。

まだ、使い始めたばかりですが今のところストレスフリーです。

(引用元:https://every.frecious.jp/userreview/tall.php

標準月額料金(電気代除く) 3,300円
水料金(1セット) 水道料金のみ
ペットボトル(500mL)1本価格 約27円
ウォーターサーバーレンタル料 初月無料(月額3,300円)
水温種類 冷水・温水・常温水
サイズ(幅×奥行×高さ) 290mm×363mm×1,125mm

プレミアムウォーター スリムサーバーIII

プレミアムウォーター スリムサーバーIIIは、デザイン性の高いウォーターサーバーです。カラーバリエーションも豊富なのでお部屋のインテリアにあわせて選べます。また、出水口を取り外して洗えるなど、お手入れがしやすい点も人気の理由です。

ただし、サーバーのレンタル費用が必要なので、トータルコストはやや割高になります。

【口コミ】

・赤ちゃんのミルク作りでは、温水を入れてから 湯冷ましで冷水を入れれば1分もかからずミルクが用意できます。2人目育児でドタバタの中、この時短はとてもありがたかったです!

(引用元:https://premium-water.net/prm/lp303_server

・料金も飲んだ分のお水代だけだったので私達のライフスタイルに合っていると思い導入を決めました!

(引用元:https://premium-water.net/prm/lp303_server

標準月額料金(電気代除く) 3,974円
水料金(1セット) 3,974円(12L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約83円
ウォーターサーバーレンタル料 無料
水温種類 冷水・温水
サイズ(幅×奥行×高さ) 270mm×363mm×1276mm

アルピナウォーター スタンダードサーバー

アルピナウォーター スタンダードサーバーは、水代が500ml換算で約47円と、他のメーカーと比べてかなり安いのが特徴です。また、温水ロック機能がついているので、小さい子どものいる家庭でも安全に使えます。

ただし、ボトルをサーバーの上部に設置するタイプなので女性や一人暮らしのかたは注意が必要です。

【口コミ】

・アルピナにのりかえて3年になります。以前使っていた他社のサーバーはメンテナンスしてくれなかったので衛生面が大丈夫かちょっと心配でした。アルピナはサーバーをまるごと交換してくれるので安心です。赤ちゃんのミルク作りにも利用しています。

(引用元:https://www.alpina-water.co.jp/landing_nr/

・我が家は 5人家族。子供達もお水をよく飲むので、コストが結構かかっていました。アルピナは他と比べても断然安いのでとても助かっています。あと何よりも本当に美味しいので家族にも大人気!もっと早くアルピナにしておけばよかった!

(引用元:https://www.alpina-water.co.jp/landing_nr/

標準月額料金(電気代除く) 4,031円
水料金(1セット) 3,402円(12L×3本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約47円
ウォーターサーバーレンタル料 月629円
水温種類 冷水・温水
サイズ(幅×奥行×高さ) 270mm×370mm×1250mm

ワンウェイウォーター smartプラス

ワンウェイウォーター smartプラスは、天然水とRO水のどちらでも選ぶことができるウォーターサーバーです。サーバーのレンタル料がかからないので、一般的なウォーターサーバーよりも安く利用できます。さらに、省エネ機能も搭載されているので電気代も安心です。

ただし、温水の設定温度は77℃とやや低めな点には注意しましょう。

【口コミ】

・空きボトルが処分しやすくサーバーのデザインが良いので決めました。水交換が楽なので腰を痛める心配もなく良いです。水道水よりも美味しく粉ミルクも安心して作れる。

犬にもウォーターサーバーの水を飲ませていたら水道水を飲まなくなってしまった。導入前は電気代などのランニングコストが気になっていましたが導入後も電気代の変化を感じない程。サーバー代は無料だし、水代だけなので安心。

運搬や温冷水がすぐに出ることを考えたら問題ない。ウォーターサーバーを検討されている方は、水を出したらブクブクと容器に空気が入るタイプは不衛生なので止めた方が良いと思います。

(引用元:https://onewaywater.com/voice/

・支払いが毎月の水の代金だけでいい事と水の種類が選べる事が決め手でした。ウォーターサーバーには大変満足しています。気軽にミネラルが摂れてジュースを買わなくてもいいようになり、今までペットボトルの水は飲まなかった子供たちも喜んで水を飲むようになったので。

プラスプレミアムを飲んでいますが、他社のRO水のお水では臭みを感じることもありましたが、こちらのお水はそんなこともなくおいしく飲めています。お水は炊飯や料理にも使っています。導入前は配送の間隔が決まっていることが不安でしたが実際は大丈夫でした。

私は、ずっとウォーターサーバーを設置したいと思っていましたがなかなか行動に移せずにいましたが、設置してとても満足しています。こちらのウォーターサーバーはとてもお勧めですので、一度試されるといいと思います。

(引用元:https://onewaywater.com/voice/

標準月額料金(電気代除く) 3,750円
水料金(1セット) 1,350円(税込) (12L)
ペットボトル(500mL)1本価格 約56円
ウォーターサーバーレンタル料 0円
水温種類 冷水・温水
サイズ(幅×奥行×高さ) 約300mm×340mm×1100mm

うるのん スタイリッシュサーバー

うるのん スタイリッシュサーバーはレンタル代が無料で、3年プランの場合は水代のみで利用できる経済的なウォーターサーバーです。さらに3年に一度本体を無料交換してくれるので、いつも清潔な状態で利用できます。

ただし、サーバーが少し大きめで水を上部に設置するタイプのため、ボトル交換作業やサーバーの移動に労力がかかる点には注意が必要です。

【口コミ】

・使い始めて4ヶ月が経ちます。最初は4週間に2本の定期配送だったのですが、夏場は子供達がよく水分を摂ることもあり、2週間おきに2本ずつの配送に変更しました。最近は寒くなってきたこともあり、夏場のように子供達もガブガブ飲むこともなくなったのと、ストックがあるので、あったかくなるまでは3週間に2本にしようと配送内容を変更したところです。このように配送周期を変更できるのも良いですし、とにかく富士の天然水がとても美味しく飲みやすいです。やっぱり水道水とは違うなぁと日々感じていて、口から摂る水はこの天然水しか飲まないです。お風呂あがりの冷水一杯や、料理は勿論のこと、直ぐに食べたいカップラーメンもお湯を沸かす時間がいらず温水が直ぐに使えるなどして、とても便利で重宝しています。特にホットコーヒーが好きな私としては温水が直ぐに使えるので毎日3~4杯は飲んでいます。水を設置する時は12Lもあるので、重いと感じますが、腕の筋トレだと思ってあまり苦になりません(笑)これからも飲み続けようと思います。

(引用元:https://ulunom.tokai.jp/lpd01/

・先日、うるのんが届きました!一人暮らしなので、置く場所も考えて卓上タイプに。写真で見るよりもコンパクトで置き場所に困ることなく、インテリアの一部として部屋に馴染んでます!毎朝、白湯とコーヒーを飲むのが日課で、うるのんが来る前は電子レンジでお湯を温めたり、お湯をやかんで沸かしたりしてましたが、その手間がなくなりました。おかげで朝の時間が10分も余裕ができてゆったり過ごせてます!何もせずに熱湯が出てくるのは本当に便利で助かっています。これからも美味しいお水が届くのを楽しみにしています!

(引用元:https://ulunom.tokai.jp/lpd01/

標準月額料金(電気代除く) 3,900円(税込)
水料金(1セット) 2,050円(税込)(12L)
ペットボトル(500mL)1本価格 約85円
ウォーターサーバーレンタル料 なし
水温種類 冷水・温水
サイズ(幅×奥行×高さ) 364mm×405mm×1,360mm

ロハスイ evo

ロハスイ evoの水は富士山の工場から産地直送で配達されます。味わい深い水のおいしさがロハスイの強みです。さらにボトルのサイズは9.3Lと小さめで、水の鮮度を保ったまま無理なく使いきることができます。

こだわった水を利用している分、やや割高な水ボトル料金がデメリットです。

【口コミ】

・他社のサーバーから乗り換えました。以前のものはレバー式だったので、息子がカチャカチャ触ってしまったりして困っていたのですが、ロハスイはボタン式で上の方についているためその心配もなく安心です。息子はお水が大好きで、放っておくと飲みすぎてしまうため、お水にもチャイルドロックをつけて使っています。

(引用元:https://lohasui.jp/lp4/af/

・ウォーターサーバーは欲しかったのですが、ワンルームに置けるのか心配していました。届いてみたら雑誌1冊分くらいのスペースしか取らないので、全く邪魔になりません。お湯がすぐ使えるのがとても便利で、カップ麺もすぐ作れるので、契約してよかったなと思っています。

(引用元:https://lohasui.jp/lp4/af/

標準月額料金(電気代除く) 3,900円(税込)
水料金(1セット) 3,696円(税込)(9.3L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約99円
ウォーターサーバーレンタル料 無料
水温種類 冷水・温水
サイズ(幅×奥行×高さ) 300mm×330mm×1,280mm

口コミを参考にしつつ最後は自分のライフスタイルに合わせて選ぶ

ウォーターサーバーのメーカーにはそれぞれ特徴があります。後悔しない選択をするためには、どのウォーターサーバーが自分にあっているのかしっかりと比較検討することが大切です。

口コミはウォーターサーバーを選ぶ際に重要な情報です。口コミを読めば、より具体的に利用シーンをイメージできます。ただし、口コミは個人の意見なので必ずしも自分に当てはまるとは限りません。予算や水の使用量など、最終的には自分のライフスタイルに照らしあわせて検討することが大切です。

※当ページは株式会社AIRDOが提供する広告ページです。
※当ページの商品・サービスに関するお問い合わせは、各サービス提供元へご連絡をお願いいたします。
株式会社AIRDOでは対応しておりませんので予めご了承ください