ウォーターサーバーおすすめ6選!目的別のおすすめポイントやメリットデメリットも紹介

ウォーターサーバーを提供する会社は多く、それぞれのプランまで含めると本当にたくさんの選択肢があります。しかし、数あるサービスからライフスタイルにあったウォーターサーバーを探すのは大変です。また、ウォーターサーバーに注目が集まっていることを知っていても自分の生活に必要かどうかで迷うこともあります。

ウォーターサーバーはどんな場面で必要なのか、導入するとどんなメリットとデメリットがあるのかを詳しく説明します。また、おすすめのウォーターサーバーもご紹介するので最適なサーバー選びの参考にしてくださいね。

1フレシャス Slat

2プレミアムウォーター
cado×PREMIUM WATER

3信濃湧水 卓上サーバー

目的別のウォーターサーバーおすすめポイント

ウォーターサーバーを導入することに本当にメリットがあるのかどうか、導入前には悩むポイントです。そこで、ウォーターサーバーのおすすめポイントを目的別にご紹介します。今の生活と照らし合わせて検討をする際の参考にしてくださいね。

コスパを重視する人におすすめ

多くのウォーターサーバーは、実はペットボトルで水を購入するよりもコスパがよくなっています。まず、水の料金は天然水でも500mLペットボトル1本分で50〜100円前後です。50円を切る価格で提供されているサービスもあります。しかも、ウォーターサーバーなら購入に出かける手間や運ぶ労力もかかりません。

また、冷水や温水がいつでも手軽に利用できる点もコストパフォーマンスが高い点です。ペットボトルの水だと冷水はともかく、温水にするのは手間も時間もかかります。おいしい水を使ったコーヒーやお茶がすぐにいれられるのは便利ですよ。

赤ちゃんや小さな子どもがいる家庭におすすめ

赤ちゃんや小さな子どもがいる家庭の場合、ウォーターサーバーを導入するメリットは大きくなります。最大のメリットは、塩素などの不純物がない安心安全な水を子どもに与えられることです。

また、ウォーターサーバーがあれば赤ちゃんのミルクも簡単に作れます。温水で溶かしたあとで冷水を加えるだけですぐに適温になるので手間がかかりません。赤ちゃんのお世話はミルク作りだけではないので、少しでも手間が軽減されることは大きなメリットです。

子育てプランやキャンペーンなどが提供されているサービスを選ぶとさらにお得に利用できますよ。

手間をかけたくない人におすすめ

ウォーターサーバーがあると家事の手間や時間が減るのもおすすめポイントです。たとえば、いつでもお湯が使えるのでコーヒーやスープなどを時間のない朝でもすぐに作れます。夜食にちょっとカップ麺をたべたいときも便利ですよ。

また、ペットボトルをその都度買いにいく手間も不要ですし、大量のペットボトルをごみとして処理する必要もありません。いつでも使えるおいしい水がある生活は想像以上に便利ですよ。

一人暮らしや少人数の世帯におすすめ

一人暮らしや少人数の世帯の場合、ウォーターサーバーは不要に思われがちです。しかし、ウォーターサーバーは一人暮らしでも多くのメリットがあります。

たとえば、お湯を利用する場面。コーヒーをいれる際はやかんでお湯を沸かしますが、一人暮らしだと必要なお湯はカップ1杯分です。ウォーターサーバーがあればいつでも必要な分だけお湯を使うことができます。

また、水を毎日飲むことは健康維持にとって大切です。水道水が苦手なかたでも、ウォーターサーバーのクセのない水であれば毎日続けられますよ。

大きいイメージのあるウォーターサーバーですが、最近はスリムなものや卓上に置けるモデルもあってそれほど場所をとりません。スペースの限られた一人暮らしの部屋でも、生活動線を乱すことなく設置できます。

ウォーターサーバー導入の4大メリット

飲料水やコーヒー、料理や赤ちゃんのミルクとなにかと使い勝手のいいウォーターサーバー。ウォーターサーバーを導入した際に、とくにメリットと感じる4つのポイントをご紹介します。

おいしい水が飲めるだけではなく、いざというときに役立つ意外なメリットもあるのでウォーターサーバーの導入で悩んでいるかたはぜひ参考にしてくださいね。

冷水と温水をいつでも使える

ウォーターサーバーの最も大きなメリットは、冷水と温水の両方をいつでも使えるということです。暑い夏場でもすぐに冷水を飲めます。

温水も70~90度と熱いお湯が出るので、コーヒーやお茶、カップ麺を作る際にお湯を沸かす手間が省けます。また、赤ちゃんの粉ミルクを溶かす際は、温水と冷水を混ぜることで適温に調整できて便利です。

おいしい水が気軽に飲める

ウォーターサーバーで提供される水の多くは厳選された天然水です。ペットボトルを買いにいく手間や湧水をくみにいく時間をかけなくても、手軽においしい水を楽しむことができます。

また、天然水を使用していないウォーターサーバーでも塩素などの不純物を取り除いてあるので、水道水特有のカルキ臭が苦手なかたにもおすすめです。

水を買いにいく必要がなくなる

定期的に水が届くウォーターサーバーなら、ペットボトルの水をその都度購入する必要がなくなります。日々の生活のなかで水を購入するのは手間がかかりますし、まとめて購入すると運ぶのも大変です。

ウォーターサーバーの契約内容にもよりますが、まとまった水が指定した日付に自宅まで配達されるので手間がかかりません。配達される量についても、消費量に合わせて選べるサービスもあります。

災害時の備蓄になる

ウォーターサーバーの意外なメリットが、災害時の備蓄水として使えることです。突然の断水で前もって水を用意できなくてもウォーターサーバーがあれば飲料水を確保できます。

停電時にサーバーとしては使えないモデルでも、ボトルに水はあるので問題ありません。

ウォーターサーバー導入で懸念される3つのデメリット

ウォーターサーバーを導入する際はデメリットについての検討も必要です。とくに気になる3つのポイントに絞って解説します。デメリットを少なくする方法も併せて紹介しているので、ウォーターサーバーを導入する際は参考にしてください。

デメリットを事前にしっかりと検討して購入することで、より自分の生活にぴったり合ったウォーターサーバーが見つかりますよ。

設置場所が必要になる

ウォーターサーバーを導入するにあたって気になることの1つが設置場所の問題です。毎日使うものなので、部屋の奥まった場所など使いにくい場所に置くわけにもいきません。また、電源が必要なのでコンセントの確保も必要です。

ただし、最近ではスリムなタイプや卓上に置けるコンパクトなものもあります。設置場所の確保が難しい場合は、大きさの違うウォーターサーバーも選択肢にいれて検討しましょう。

毎月費用がかかる

ウォーターサーバー導入で1番気になるのが費用です。水の代金に加えてサーバーのレンタル料などがかかる場合もあります。さらに、水の購入量にノルマがある場合もあるため注意が必要です。

ただし、コンビニなどでペットボトルの水を購入するのに比べてウォーターサーバーの費用はかなり安く設定されています。500mL換算で50〜100円前後です。しかも、冷水や温水が自由に使えるメリットもあります。

水の購入ノルマについても、一般的な家庭なら消費する量に設定されていることがほとんどです。また、ノルマ設定のないサービスを選ぶこともできます。

ボトルの交換作業や受け取りが大変

ウォーターサーバーには10L前後のボトルが取り付けられています。ボトルの水がなくなると送られてきた新しいボトルと交換する作業が必要です。とくに上部にボトルをつけるタイプの場合は、持ち上げての交換作業となります。

また、一人暮らしや夫婦共働きの家庭など留守がちな場合は、配送される水を受け取るために予定の調整が必要な点に注意が必要です。

水の交換作業を少しでも楽にしたいかたは、下部にボトルを設置するタイプのサーバーを選びましょう。見た目にもすっきりしていてスタイリッシュなものも多いので部屋のインテリアにこだわっているかたにもおすすめです。

おすすめウォーターサーバー6選

各家庭のニーズに合わせたおすすめポイントを重視して、人気ウォーターサーバーを厳選してみました。

最低契約期間や価格などを考慮しながら、お好みの1台を選んでみてください。味にうるさい人は、原水の採取地にもこだわりましょう。

1位 フレシャス Slat

数あるウォーターサーバーのなかでも、デザイン性が優れていることで高い人気なのが「フレシャス Slat」です。グッドデザイン賞とキッズデザイン賞を受賞しているフレシャス Slatは床置きタイプのウォーターサーバーで、洗練されたインテリアでも無理なく溶け込みます。

提供される水は天然水で、3ヶ所の採取地からお好みの銘柄を選べるのもフレシャスの特徴です。また、冷水と温水に加えて常温水もボタンひとつで選べるので、薬やサプリを飲む際にも重宝します。

天然水が飲めるうえ、スタイリッシュで高機能な分、月額料金は他の会社よりやや高めです。

標準月額料金(電気代除く) 4,244円
水料金(1セット) 3,254円(9.3L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約87円
ウォーターサーバーレンタル料 初月無料(月額990円(税込))
ボトル設置位置 サーバー下部
水温種類 冷水・温水・常温水

2位 プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER

プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATERは、機能的で華やかなデザインが人気のウォーターサーバーです。また、ボトルがサーバー下部に設置されているので、女性でも簡単にボトル交換作業ができます。

提供される水は、富士吉田や北アルプスなどで採取されたミネラルバランスのいい天然水です。水のおいしさにこだわる人におすすめします。一方、サーバーレンタル料がかかるため水の料金と併せてやや月額料金の高い点がデメリットです。

水料金(1セット) 3,974円(税込)(12L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約83円
ウォーターサーバーレンタル料 月額1,100円
メンテナンス費用 プレミアム安心サポート(月額682円)に加入すればメンテナンス費用無料
ボトル設置位置 サーバー下部
水温種類 冷水・温水

3位 信濃湧水 卓上サーバー

信濃湧水 卓上サーバーは、設置するスペースを確保しやすい卓上型のコンパクトなウォーターサーバーです。信濃湧水は、硬度16という超軟水の天然水を提供していることで人気があります。クセのない澄みきった水は、飲料水としておいしいことはもちろん料理に使用するのもおすすめです。

ただし、最低利用本数が定められているので、どれくらいの水を飲むのか事前に検討してから申し込みましょう。

標準月額料金(電気代除く) 3,240円
水料金(1セット) 3,240円(11.4L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約71円
メンテナンス費用 無料(業者メンテナンス)
配送料 無料(北海道、四国、九州(沖縄・離島除く)は別途配送料504円/箱がかかります。)
サイズ(幅 × 奥行 × 高さ) 300mm × 310mm × 584mm

4位 クリクラ Fit

クリクラFitは、スリムで場所をとらないウォーターサーバーです。設置スペースが限られているかたにおすすめします。また、ボトルのごみが発生しないリターナルボトルなのでごみ捨ての手間もかかりません。

動作音はやや大きめなので寝室近くに置くと気になるかもしれません。

標準月額料金(電気代除く) 5,840円(4人家族)
水料金(1セット) 2,920円(12L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約61円
初期費用 2,200円、再加熱機能付き:4,400円/台
メンテナンス費用 あり(あんしんサポートパック460円)
サイズ(幅 × 奥行 × 高さ) 245mm × 383mm × 987mm

5位 アルピナウォーター スタンダードサーバー

アルピナウォーターは他社と比較して比較的ローコストでウォーターサーバーを利用できます。北アルプスの天然水をNASAで開発されたROシステムによって何重にもろ過しているのが特徴です。限りなく純水に近いクセのない水なので、赤ちゃんのミルクにも安心して使用できます。

配送エリアが限定されているので、サービスの提供地域かどうか事前に確認しましょう。

標準月額料金(電気代除く) 4,031円
水料金(1セット) 3,402円(12L×3本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約47円
ウォーターサーバーレンタル料 月629円
メンテナンス費用 無料(定期サーバー交換)
定期配送の休止 必要な時だけ注文

6位 コスモウォーター ECOTTO

コスモウォーター ECOTTO は、電子ケトルとウォーターサーバーが一体化した高機能サーバーです。自宅でお茶やコーヒーを飲むことが多いかたにとくにおすすめします。電気ケトルはサーバーにすっきりと収納でき、サーバー下部には予備ボトルを収納するスペースも設けられているので余計なスペースが不要です。

契約期間が3年と他社に比べてやや長めの設定なので注意しましょう。

水料金(1セット) 4,104円 (12L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約49円
ウォーターサーバーレンタル料 0円
サイズ(幅 × 奥行 × 高さ) 310mm × 348mm × 1290mm
ボトル設置位置 サーバー上部
最低契約期間 3年

ライフスタイルによっておすすめのウォーターサーバーは変わる

メーカーやモデルによってウォーターサーバーの特徴は異なります。水の味、大きさ、価格など重視するポイントを絞って申し込むサービスを選びましょう。

また、購入前にはデメリットについてしっかりと検討しておくことも重要です。新しいものを購入する際はメリットばかりに目がいきがちですが、デメリットも含めて検討することで、よりライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選べますよ。

※当ページは株式会社AIRDOが提供する広告ページです。
※当ページの商品・サービスに関するお問い合わせは、各サービス提供元へご連絡をお願いいたします。
株式会社AIRDOでは対応しておりませんので予めご了承ください