安いウォーターサーバーおすすめ7選!コスパのいいものを選ぶポイントを詳しく紹介

ウォーターサーバーを導入する際は、できるだけ安いものを購入したいものです。しかし、価格だけで選ぶと導入後に不満につながることもあるので注意が必要です。
そこで今回は、ただ安いということだけではなくコスパに優れたウォーターサーバーを選ぶためのポイントをご紹介します。お財布と相談しながら最適なウォーターサーバーを選んでくださいね。

1フレシャス Slat

2エブリィフレシャス tall

3プレミアムウォーター
スリムサーバーIII

コスパ重視でウォーターサーバーを選ぶポイント

コスパ重視でウォーターサーバーを選ぶ際に注意すべき点は、価格の安さだけで選ばないことです。価格が安いことはコスパを重視するうえで大切な条件ですが、選んだサーバーが使いにくければコスパがいいとはいえません。

ウォーターサーバーをコスパで選ぶ際のポイントをご紹介します。価格や機能性だけではなく、デザインや契約後の連絡方法などさまざまなポイントに注意して選びましょう。

月額費用が安いこと

安いウォーターサーバーを選ぶ際は、水の料金だけではなくサーバーのレンタル料やメンテナンス費用など月間でかかるコスト全体で比較しましょう。

また、サービスによっては月間での最低利用本数が指定されているものもあります。月間の最低利用本数が指定されているサービスの場合は、水を使う量が少なくても固定で料金がかかってしまうので注意が必要です。ただし、一定期間の水配送を休止できるサービスもあるので水の消費量に合わせて調整できますよ。

ウォーターサーバーの機能性やデザイン性も重要

「コスパがいい」ウォーターサーバーは、単純に価格が安いことだけが条件ではありません。コスパとは「コスト」「パフォーマンス」の略語なので、価格のわりに便利(パフォーマンスの高い)であることもコスパのいいウォーターサーバーの条件です。

最近のウォーターサーバーにはさまざまな機能が備わっています。レバーではなくボタンを押すだけで水が出るものや、温度管理ができるものなど使い勝手に直結する機能も数多くあるのでしっかりと検討しましょう。

ほかにも、コーヒーメーカー機能や自動省エネ機能などメーカーによってさまざまな機能が用意されています。ウォーターサーバーは毎日使うものなので、価格面を気にしつつもできるだけ希望する機能が備わったものを選ぶことが大切です。

また、インテリアにこだわるかたはデザイン性も重視して選びましょう。ウォーターサーバーは目につく場所に設置するので、気にいらないデザインのものを選ぶと使っているうちに不満を感じるようになってしまいます。

注文や変更などの利便性も考慮する

水の注文や配送日の変更など利便性の高さも、コスパのいいウォーターサーバーを選ぶ際のポイントです

水ボトルの追加注文や一時休止、配送日などを変更する際に柔軟に対応してくれるサービスを選びましょう。また、水が余った際や長期不在の場合に配送を一時休止できるかどうかも重要なポイントです。

変更の方法が複数用意されているかどうかも確認しましょう。受付が電話のみであれば営業時間に合わせる必要がありますし、ネットのみの場合は細かい要望がある場合に伝えにくくなります。

価格の安いサービスを見つけても、注文や変更の連絡がスムーズにいかないと価格以上に手間がかかってしまうので利便性も考慮して慎重に選びましょう。

コスパでウォーターサーバーを選ぶ際の注意点

ウォーターサーバーを選ぶ際には注意点がいくつかあります。とくに安い月額料金を重視して選ぶ場合は、細かい点を見逃すとかえって高くつく場合もあるので注意しましょう。

コスパ重視でウォーターサーバーを選ぶ際の注意点をご紹介します。

契約条件がライフスタイルに合っているかを確認する

ウォーターサーバーの契約は、契約期間や月間の最低注文本数(ノルマ)、休止期間などが細かく決められているサービスも数多くあります。自分がどれくらい水を使用するか、休止する可能性があるかなどライフスタイルと照らし合わせて判断しましょう。

たとえば、1本1,000円の水だったとしても月間ノルマが5本であれば月に必要な金額は5,000円です。月間の使用量が足りるのであれば、1本1,500円でノルマ3本のサービスのほうが結果的に安くなります。

本当に求めている水かどうか

ウォーターサーバーで1番重要なのは価格ではなく水です。本当に飲みたいと思う水のウォーターサーバーを選びましょう。ウォーターサーバーで提供される水の種類はサービスによって異なります。水の種類は大まかに3種類で、天然水とRO水、そして家庭用水道水でのろ過です。

天然水

天然水は一般的においしい水として販売されています。水のおいしさはミネラル分によって感じますが、ミネラル分が豊富に含まれているのが天然水です。

RO水

RO水とは逆浸透膜と呼ばれる特殊なフィルターでろ過した水です。使用する水は河川や水道水ですが、フィルターによって不純物が徹底的に取り除かれているので基本的には無味無臭でクセがありません。天然水のミネラルウォーターを求めるかたにとっては味気なく感じることもあります。ミネラル分を添加しているRO水もありますが、やや人工的な味わいです。

水道水

家庭の水道水をろ過して使用するウォーターサーバーの水にはよくも悪くも特徴がほとんどありません。水道水特有のカルキ臭は取り除かれているので無味無臭です。水ボトルなどの本数ノルマの心配がなく、必要な水量だけ使うことができます

コスパで選ぶおすすめウォーターサーバー7選

コスパという観点からおすすめのウォーターサーバーをご紹介します。ご紹介するのはただ安いウォーターサーバーというだけではなく、水の質や機能性なども含めて総合的に判断して厳選しました。

できるだけ安く、質や機能性の高いウォーターサーバーを探しているかたはぜひ参考にしてくださいね。

1位 フレシャス Slat

フレシャスSlatは、使い心地まで計算し尽くされたデザインが評価されているウォーターサーバーです。グッドデザイン賞とキッズデザイン賞を受賞しています

また、提供される上質な天然水は好みに合わせて3ヶ所から選べる点も魅力です。自由に選べる天然水であることを考えるとそれだけでコスパが高いといえます。また、月額の費用についても実質的には他社より安めの設定です。水の使用量に応じて配送周期を自由に変更できるため、実質の支払いは使用した分だけになります。

幅広い水温設定が魅力!!

標準月額料金(電気代除く) 4,244円
水料金(1セット) 3,254円(9.3L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約87円
ウォーターサーバーレンタル料 初月無料(月額990円)
ボトル設置位置 サーバー下部
水温種類 冷水・温水・常温水

2位 エブリィフレシャス tall

エブリィフレシャス tallは、水道水を補充する浄水型のウォーターサーバーです。他社と比べて安い価格設定になっています。6ヶ月に一度交換カートリッジが無料で届くので注文ノルマの心配はありません。

水を入れてから浄化されるまでの待ち時間もなくいつでも清潔な水を使用できます。通常の冷水と温水に加えて、常温水や高温水が使える高機能サーバーです。

一般的においしい水といわれる天然水ではない点には注意が必要です。

ECOモードで電気代節約!

標準月額料金(電気代除く) 3,300円
水料金(1セット) 水道料金のみ
ペットボトル(500mL)1本価格 約27円
ウォーターサーバーレンタル料 初月無料(月額3,300円)
メンテナンス費用 6ヶ月ごとの浄水フィルターカートリッジ交換無料
水温種類 ・5〜10℃ (ECO冷水:約10~15℃)
・80~85℃ (ECO温水:約70~75℃)
・高温水(約85~90℃)

3位 プレミアムウォーター スリムサーバーIII

プレミアムウォーター スリムサーバーIIIは、非加熱処理のまろやかな天然水を産地直送で味わうことができます。センサーによる自動省エネモードを備えている高機能サーバーにもかかわらず、サーバーレンタル料が発生しません。また、他社からの乗り換え時に発生する違約金を、最大16,500円までキャッシュバックという独自キャンペーンも魅力です。

水の料金は他社と比べてやや高めの設定なので、比較をする際はサーバー費用も含めて実質の月額料金で比較しましょう。

安心サポートで引っ越しも楽々!
標準月額料金(電気代除く) 3,974円
水料金(1セット) 3,974円(12L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約83円
ウォーターサーバーレンタル料 無料
メンテナンス費用 プレミアム安心サポート(月額682円)に加入でメンテナンス費用無料
水温種類 冷水・温水

4位 信濃湧水 スタンダードサーバー

信濃湧水 スタンダードサーバーは、北アルプスで採れた硬度16のまろやかな天然水が楽しめます。そして、天然水のなかではかなり安い価格設定となっている点が最大の魅力です。500ml換算で約71円と、平均的な天然水の価格より約10〜20円ほど安くなっています。

ただし、水ボトルを上部に設置するタイプのため交換に手間がかかる点には注意が必要です。

製造からメンテナンスまで徹底した品質管理!

標準月額料金(電気代除く) 3,240円
水料金(1セット) 3,240円(11.4L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約71円
ウォーターサーバーレンタル料 無料
メンテナンス費用 無料(業者メンテナンス)
水温種類 冷水・温水

5位 クリクラ クリクラFit

クリクラのクリクラFitは、比較的安価なRO水ながらおいしさにつながるミネラル分を添加してある水が特徴のウォーターサーバーです。ウォーターサーバーのサービス会社としては珍しく、解約金が発生しません。お試し感覚で簡単にはじめられますし、不要になった際に余計な出費が不要な点は大きなメリットです。

ただし、サーバーとしてはあまり高機能ではありません。一般的な温水と冷水機能のみというシンプルな設計です。

違約金・解約料なし!

標準月額料金(電気代除く) 3,380円
水料金(1セット) 2,920円(12L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約61円
初期費用 2,200円(税込)
再加熱機能付き:4,400円/台(税込)
メンテナンス費用 あり(あんしんサポートパック460円)
違約金・解約料 なし

6位 アルピナウォーター スタンダードサーバー

アルピナウォーター スタンダードサーバーは、床置きと卓上の2種類のタイプがあります。最大の特徴は水の価格です。500ml換算で約47円と、一般的なサーバーと比較してかなり安い設定になっています。たくさん使用する家庭でも価格が気になりません。

ウォーターサーバーのデザインは、従来型のサーバーに多く見られる上部にボトルを置くタイプのデザインです。インテリアにこだわっているかたはデザイン面も検討しましょう。

定期購入ノルマなし!
標準月額料金(電気代除く) 4,031円
水料金(1セット) 3,402円(12L×3本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約47円
ウォーターサーバーレンタル料 月629円
メンテナンス費用 無料(定期サーバー交換)
定期配送の休止 必要な時だけ注文

7位 コスモウォーター Smartプラス

コスモウォーターの「Smartプラス」は、48時間ごとに熱水を循環させることで内部を自動的に清潔に保ってくれるウォーターサーバーです。水ボトルは下部に置くタイプでデザイン性にも優れています。

高機能でデザイン性も高いサーバーにもかかわらずレンタル料がかかりません。水代のみでお得に利用できます。

ただし、水を電動ポンプで組み上げる下部に置くタイプのため停電時は使用できません。

水の設置位置が低くて女性でも交換簡単!

標準月額料金(電気代除く) 4,104円
水料金(1セット) 4,104円(12L×2本)
ペットボトル(500mL)1本価格 約86円
ウォーターサーバーレンタル料 無料
メンテナンス費用 なし
ボトル設置位置 サーバー下部

安い&コスパのいいウォーターサーバーを選ぶ

水を毎日飲むことは体にいいとされています。せっかくウォーターサーバーを契約するのであれば、無理なく続けられる価格のものでなければ意味がありません。また、途中解約をするとさらに解約料が発生することもあります。

一方でウォーターサーバーは毎日使うものなので、使い続けるためには機能性やデザイン性も重要な判断ポイントです。価格と性能面のバランスの取れたコスパのいいウォーターサーバーを選びましょう

いくらくらいなら支払えるか、どれくらい水を飲むか、どこに置くのかなど具体的にイメージをして選ぶとぴったりなウォーターサーバーを見つけやすいですよ。

※当ページは株式会社AIRDOが提供する広告ページです。
※当ページの商品・サービスに関するお問い合わせは、各サービス提供元へご連絡をお願いいたします。
株式会社AIRDOでは対応しておりませんので予めご了承ください