AIR DO

理由2 ちょっと 氷の宝石を探しに。

理由2 ちょっと 氷の宝石を探しに。

ジュエリーアイスは十勝川の河口、大津海岸で見られる冬の自然現象。これまでは写真家などの間で知られていましたが、その美しさや地元豊頃町によるプロモーションで知名度が上がり、日本はもとより世界中からも注目を集めているのです。

冬、凍結した十勝川の氷が太平洋へと流され、河口の大津海岸に打ち上げられます。その氷は波にもまれるため丸みを帯び、まるで大きな宝石のような形になるのです。またその高い透明度も"ジュエリーアイス"と呼ばれるゆえんの1つとなっています。朝日や夕暮れ時など時間、天候によってさまざまな美しさを見せてくれるジュエリーアイスはまさに自然の芸術と言えます。

このジュエリーアイスの見ごろは1月下旬~2月下旬頃。豊頃町のホームページでは毎年1月中旬頃から情報を配信しているので要チェック。また、冬の海岸は風も強く非常に寒いため防寒対策は必須。同サイトにはジュエリーアイスを見に行く際の注意事項なども書かれているのでぜひ参考にしてみてください。

ACCESS INFORMATION

ページトップへ

※掲載の画像は全てイメージです。