冬の知床の魅力がぎっしり!
夜の体験型イベント
「知床流氷フェス」

知床半島の付け根部分に位置し、流氷の一大観光地でもある知床は、世界自然遺産としても
人気の観光地です。その知床の斜里町で、2017年から開催されているのが「知床流氷フェス」。
会場に設置された巨大なアート作品が美しくライトアップされ、幻想的な雰囲気が漂います。
他にもさまざまなアクティビティが用意され、子どもから大人までが夢中になれる、
夜の体験型イベントとなっています。2020年は1月30日~2月29日に開催予定です。

昼は海岸から流氷を眺め、夜はフェスに参加して冬の知床の魅力を満喫

冬の北海道の代名詞でもある流氷は、1,000kmもの距離を南下してオホーツク海に流れ着くといいます。流氷は、例年1月下旬から2月上旬に接岸し、3月上旬頃までが観光の最盛期。知床沿岸は流氷がたまりやすいため、運がよければ一面の流氷を目の当たりにすることも。流氷観光のついでにぜひ訪れてほしいのが「知床流氷フェス」です。冬季閉鎖中の国設知床野営場を会場とし、北海道が定めた「知床の日」にあたる1月30日から2月末日までの18:30~21:00の夜間に開催します。美しくライトアップされた幻想的な雰囲気のなか、氷のアート作品を鑑賞したり、さまざまなアクティビティを体験したり、親子で楽しい時間が過ごせます。ホテルと会場間は5分ごとに無料巡回バスが運行されるというアクセスのよさもうれしいですね。

揺らめく焚火に癒され、アクティビティやおいしいグルメに思わずワクワク

会場内に用意された焚火スペースの優しいオレンジ色の光と炎の温かさは癒し効果抜群。また、空中テント体験やハンモックに寝転んでの星空鑑賞、ネイチャーガイドのトークショーなど、さまざまなアクティビティやプログラムに、思わず時間を忘れてしまうほどです。地元の食材を使ったメニューや氷と雪でつくられた「アイスバー」で提供される特製カクテルも見逃せません。入場料は一人500円で、知床キャラクターのトコさんバッジと、ホットワインもしくはホットココアが一杯つくというサービスぶり。温かい飲み物を飲みながら、冬の知床の自然を存分に体感してみてはいかがでしょうか。

ACCESS INFORMATION

国設知床野営場
〒099-4351 北海道斜里郡斜里町ウトロ香川

0152-22-2125

18:30~21:00

2020年1月30日~2月29日

ウトロ温泉バスターミナルより徒歩約15分

入場料金500円(トコさんバッヂ付)

この記事をシェア

AIRDO 運賃情報

AIRDO 空席照会・ご予約