札幌が発祥のスープカレー。
サラサラのスープと
大きな具材が特徴

そのルーツは中国の薬膳スープだといわれるスープカレー。
特徴は薬膳スープと同様、スパイスの効いたサラサラのスープと骨付き鶏肉や
ジャガイモ、ニンジン、たまねぎなどの大きな具材です。日本のスープカレーは、
1971年に北海道札幌市中央区にある喫茶店「アジャンタ」が発売した「薬膳カリィ」が
オリジナルとされています。今やスープカレーは日本全国どこでも食べられるように
なりましたが、やはり発祥の地は札幌。「アジャンダ」をはじめとする個性あふれる
名店が工夫を凝らしたかずかずのスープカレーが食べられます。

スープも具もそれぞれ。スープカレーに正解はある?

札幌のご当地グルメとしてすっかり定着したスープカレー。今や全国区となったスープカレーですが、やはりその発祥の地、札幌で食べるのがオススメです。スープカレーとひと言でいっても、札幌の200を超えるといわれる専門店では、スープも具も千差万別。正解はないようです。お気に入りの味を探して食べ歩くのは楽しくもありますが、これという味に巡り合えるかどうかは運次第。至難の業といったところでしょうか。そんなときは、北海道民にオススメのお店を聞くのが一番。早速札幌に住む学生時代の友人にメールしてみました。

未知なる味を食べてみたい。「おくしばあちゃんのよそ行き天ぷらカレー」

「スープカレーのお店はたくさんあるけど、私が好きなのは奥芝商店。エビの旨味が凝縮された奥芝スープが絶品。最近は宮の森にある『おくしばあちゃん』でエビ天入りのスープカレーがたべられるよ」と教えてくれました。「おくしばあちゃん」は、奥芝商店の店舗のうちの一軒。その店のオススメメニューが「おばぁのよそ行き天ぷらカリー」、つまりエビ天入りのカスープカレー。大海老やかき揚げなど6種類から好きな天ぷらを選んで、奥芝商店自慢のエビ味のスープカレーと共にいただくというもの。スープカレーとえび天という不思議な組み合わせに首をかしげながら、スープカレーにおいてはスープも具も決まりはないのだということを改めて思った次第。だからこそ、自分のお気に入りの味を探す楽しみもあるということを思い知ったのでした。もしかしたら開拓者の多いという歴史のある北海道とスープカレーはとっても相性がいいのかもしれませんね。

ACCESS INFORMATION

奥芝商店 おくしばぁちゃん
〒064-0951 北海道札幌市中央区宮の森1条10丁目7-20

011-688-6454

ランチ 11:00~16:30 L.O.15:30
ディナー 17:30~21:30 L.O.20:30

定休日 木曜日

東西線西28丁目駅から徒歩約14分

この記事をシェア

AIRDO 運賃情報

AIRDO 空席照会・ご予約