釧路通が教える! 自然と文化が織りなす特別な景色&体験

緑が生い茂る涼しい夏は、避暑にはピッタリの釧路エリア。
「釧路のことならお任せあれ!」な観光施設や釧路に精通した地元の方だからこそ知っている
夏に「見る・行く・食べる・体験する」とっておきの楽しみ方を伺いました。
これで、あなたも「釧路通」!

  • 様々な花が咲き誇る町のシンボル
    「霧多布湿原」

    浜中町にある霧多布湿原は、「花の湿原」と呼ばれるほど多種多様な花が咲きます。季節によって湿原の色が変わるので、春夏秋冬どの季節でも散策を楽しむことができます。
    夏には、浜中町の風物詩でもある昆布漁で町一帯が海の香りに包まれる中、カヌーや乗馬などのアクティビティが体験できます。また、夏は様々な植物が咲く時期。湿原内の木道を散策して、植物を観察してみるのもオススメ!

    <霧多布湿原センター>

    〒088-1304 北海道厚岸郡浜中町四番沢20

    営業時間9:00〜17:00

    霧多布湿原センター

    太田愛梨さん

  • ここにしかない景色を切り取るイラストレーター・遠藤理子さんのオススメスポット

    釧路市在住イラストレーターの遠藤理子さん。釧路の景色に魅了され、アクリル絵具で作品を制作しています。温かみのある風景画は、ポストカードでも販売中。今回ご紹介する作品は、釧路出身の建築家・毛綱毅曠の手掛けた建物「フィッシャーマンズワーフ MOO」、昼と夜でその表情が変わる「北大通」、灯台のようなデザインが可愛らしい「米町展望台」。遠藤さんのイラストと見比べながら、釧路を散策してみてください!

    <遠藤理子さんポストカード販売店>

    ・北海道立釧路芸術館ミュージアムショップ
    ・豊文堂書店
    ・釧路市立博物館(5枚セット売り)

    釧路市在住
    イラストレーター

    遠藤理子さん