[社員インタビュー] 橋爪 絵梨香

information

総合職
General Staff
橋爪 絵梨香 Erika Hashizume
北海道出身 2017年入社
技術部
整備技術グループ

技術部は、日々の安全な運航の要として
会社全体を土台から支える存在。

大学で航空宇宙システム工学を学ぶうち、飛行機を作る側だけでなく飛ばす側にも興味も持つように。AIRDOの技術系説明会で、若手でもさまざまなことに挑戦できる環境と聞き入社を決めました。現在は技術部でマニュアルの最新性維持や機体の改修、ボーイング社に関わる業務全般を担当。技術部をはじめ技術系の事務職がマニュアルや交換部品をそろえて、初めて毎日安全に運航ができるという意味ではまさに「縁の下の力持ち」です。自分の担当章で機体の不具合が起きたら、先輩やチーフと相談しボーイング社とのテレカン(遠隔会議)でこちらの状況や要求などをしっかりと伝え、AOG(航空機地上滞留)させないよう最善を尽くします。任されている分プレッシャーもありますが、乗り切れた時はやりがいを感じます。技術部では常に多くの書類やマニュアルの検討を行っています。一つひとつの処理に時間がかかる上、突発的なトラブルが発生するとほかの業務に手が回らなくなるので、普段から効率性と計画性を意識しています。もう一つ大切なのがコミュニケーションです。以前ボーイング社主催のフェイス・トゥ・フェイス・ミーティングに参加した際、海外のオペレーターたちが社交的で自分の意見をはっきり言っているのを見て学びました。仕事にも少し慣れてきたので、今後は興味のあることにもっと挑戦していき、仕事の幅を広げていきたいです。AIRDOは社員の平均年齢が低くチャンスも多い会社ですが、ただ待つのではなく、自分からいろいろなものに興味を持ち「挑戦してみたい」と言える人が向いていると思います。

1日の仕事の流れ

7:00
出社

時差勤務制度を利用。集中できる朝のうちにメールチェックや承認済み書類の整理などを効率良くこなします。

7:30
担当業務の処理

航空機のシステムごとに章分けされた業務を処理。私はB767とB737の6つの章を担当しています。

9:00
朝ミーティング

全員で昨日の運航不具合などを確認。遅延や整備作業の確認、連絡事項など共有したい情報を周知します。

9:30
日報送付

現在担当するボーイング関連業務の一つとして、毎朝ボーイング・ジャパンに昨日の運航情報を共有します。

9:40
現場の問い合わせ対応

機体トラブル発生時、現場からの各種問い合わせに、さまざまなシステムやマニュアルを駆使し対応します。

10:30
RMRの作成

不具合の発生時、部品の工場点検結果や過去の事例といった情報を集め信頼性モニターレポート(RMR)を作成します。

12:00
昼食

普段は一人で過ごして仕事モードを完全オフ。2週間に1回、ボーイング社の方とイングリッシュランチ!

13:00
実機の確認

私がオーダーした作業をチェックしたり、マニュアルを見ただけでは分からない部分を目で見て確かめることも。

15:00
定例業務の処理

整備で使う各種マニュアルを管理。定期的に修正されるマニュアルを検討し、当社マニュアルへ反映させます。

16:00
退社

いつも定時に帰れるとは限りませんが、トラブルがなければ仕事の進み具合に応じて割と自由に退社できます。

Check

タブレットとタッチペンはToDoリストの作成やメモ、プレゼンなどに必須です。動画内で使用している愛用のタンブラーは、ロサンゼルスで半年に一度開催されるボーイング社のミーティングに入社2年目で参加した時いただいた非売品のロゴ入り。

Private

家やスタジオで毎日ヴィンヤサヨガの練習をしています。練習の分だけ成長を感じられるのが続けられる理由。Tech Nerdなところがあり、いろいろなガジェットを駆使しては、旅先で動画を撮影・編集するのも好きです。