北海道の翼 AIRDO飛行機

WHITE ADVENTURE in ひがし北海道

No.21
“冬のひがし北海道で、人生に1度はやってみたい30のこと”
Nature

光の柱「サンピラー」と出会う

万が一にでも見ることができたら幸運、と言われるサンピラー現象。厳冬期の日の出、日没時に、氷の結晶が太陽光に反射して柱状に見えるこの現象は、国内ではめったに見ることができず、北海道民でも見たことがない人がいるほど。ですが、サンピラーと出会いやすい場所として有名な街があります。それが、旭川から車で約1時間半の場所にある、北海道名寄市。

サンピラー現象は、気温が-15℃から-25℃前後、空気中にある程度の水蒸気があることなどの発生条件がありますが、名寄市はこの条件を易々クリア。同市は1月の平均気温が全国で最も低く、1・2月の平均気温は-10度前後で、最低気温は-30度になることも。さらに盆地で大きな川が流れているため条件が整いやすいと言われています。

名寄ピヤシリは、有数のサンピラースポット

名寄の中でもサンピラーを見られるスポットといえば、「ピヤシリスキー場」。遭遇しやすいスポット・時間帯は、スキー場のスタッフが心得ています。宙に舞う氷の輝き。金色に輝くダイヤモンドダスト。写真で見ても美しすぎる光の芸術は、一生に一度は、ぜひ、その目に焼き付けておきたい現象です。

ACCESS INFORMATION

ピヤシリスキー場

名寄市
旭川空港

体験場所:北海道名寄市ほか

ピヤシリスキー場
01654-2-1180

9:00~20:30

旭川空港から車で約2時間
名寄駅から車で23分(スキー場行きのバスあり)

ピヤシリスキー場
http://www.nayoro.co.jp/piyashiri/

 

もっと大きい地図で見る

Google Map

AIRDOで行く、ひがし北海道の旅

この冬のひがし北海道へ、よりお得にお出かけいただける、AIRDO便限定プランをご紹介。
AIRDOであなただけの「WHITE ADVENTURE」を体験してください。