• お預かりする手荷物
  • 機内持ち込み手荷物
  • 制限がある手荷物
  • 楽器
  • ペット
  • 快速宅空便

4

ペットについて

ペットをお預けになるには

ペットをお預けになるには

お預かりできるペットは、犬、猫、小鳥、小動物(リス、ハムスターなど)などです。出発空港では同意書の確認が必要になるため、お手続きはご搭乗便出発時刻の30分前までにお済ませください。

夏季期間、一部犬種のお預かりを中止しております。詳しくはこちらをご確認ください。


金魚・カメ・昆虫をお持ちのお客様

金魚・カメ・昆虫(カブトムシ・クワガタムシなど)は、他のお客様のご迷惑となることがないよう小型の容器に入れてあり、逃げたしたり水漏れしたりすることがない状態を係員が確認できた場合、3匹程度までは機内にお持ち込いただけます。


なお、上記範囲内でも、機内にお持込いただけない場合がございます。 ※以下は一例です。

  • キリギリスやスズムシなど鳴く昆虫の場合
  • 前の座席の下に収納できない状態で梱包されている場合
  • 他のお客様に不愉快を与える恐れがあると判断した場合
  • 発電装置付きポンプなどが装填されている場合(お預かりもできません)

機内持ち込み可能な小型の容器サイズ
幅30cm×高さ22cm×奥行20cm以下のもの(目安)
※前の座席の下にご収納ください。


詳しくは予約・案内センターへ事前にお問い合わせください。


ペットの輸送環境

搭乗手続き後は、ペットはご搭乗時刻まで空調の効いた場所でお預かりし、航空機の貨物室にお乗せします。室内環境は以下の通りです。


  • 照明
    飛行中は照明が消え、暗室になります。
  • 温度/湿度
    空調機にて温度や湿度を管理しておりますが、外気温などの影響により客室とは環境が異なる場合があります。特に夏場は気温や反射熱の影響を受けて高温になることが考えられます。

  • 離着陸時や飛行中は、機械操作音や風切音がします。また、航空機への乗り降りの際には航空機や地上車両の音がします。

ケージの使用について

お客様のお持ちのケージが、プラスチック製などの航空機輸送に耐えられ(籐製、木製、布製など以外)、カギのかかるものであれば、そのままお預かりできます。籐製、木製、布製などのケージはそのままではお預かりできませんので、お客様のケージごと当社所有のケージに入れる、または、ペットを当社所有のケージに入れ替えをしていただき、お預かりいたします。当社所有のケージのサイズは、以下の通りです。


当社所有のケージ(幅×奥行×高さ)
S サイズ 40cm×55cm×40cm
M サイズ 50cm×70cm×55cm
L サイズ 55cm×80cm×60cm
LL サイズ 65cm×95cm×70cm
小動物用 35cm×50cm×35cm

※上記サイズは目安です。


お預けになるにあたってのお願い

(1) 犬・猫などはケージ1つに対して1匹ずつお預かりいたします。小鳥等はケージ1つにつき1種類2羽程度(Mサイズのケージに収容できる程度)となります。
(2) ケージ内に飲み水、餌などを入れることはできません。また、お預け後は、飲み水の補給や餌を入れることはできませんので、お預け前にお客様ご自身でお済ませください。
 

ただし、以下の条件を満たす給水器については、ケージに設置したままでお預かりすることができます。

  • ケージにしっかりと固定できるもの
  • 揺れや振動により水漏れすることがないノズル式のもの
給水器

暑さ対策について

夏季期間(毎年6月1日〜9月30日)は、ペットケージへの保冷剤・給水器の取り付けサービスを行っております。ご希望のお客様は空港係員にお申し付けください。


お預け料金

ペットをお預けには、ケージご利用の有無にかかわらずペット料金が必要です。

ペット料金 ペットケージ1区間 1個あたり 6,000円(税込)

ご搭乗手続き時にペットをお預けの旨をお申し出いただき、ペットお預かりカウンターにてペット料金をお支払いください。


お申し込みについて

(1) 出発日当日、搭乗手続きをお済ませの上、手荷物専用カウンターに出発の30分前までにペットをお預けください。
(2) 同意書にご署名の上、ご提出ください。
(3) ペット料金をお支払いください。(現金・クレジットカード)

同意書をダウンロード後、お持ちのプリンタで印刷し、ご記入の上、ご搭乗日当日空港の搭乗手続きカウンターにご提出ください。
pdf「同意書」(122K)
Get Acrobat Reader

Adobe® Reader®をお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。(無償)